性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬

性病の中でも感染者が多いクラミジアと淋病への理解と、それに対して有効な「クラビット」と「ジスロマック」を比較していきましょう!

クラミジアと淋病の治療法

◆感染確率が高いと言われる『クラミジア』『淋病』ですが感染経路は人それぞれ、病気に対して理解を深めることで治療効率の向上や感染の予防、病気完治への近道!

性病の中で、感染者が多いとされるクラミジアと淋病、これらに感染すると他の性病にも感染しやすくなるため合併症や重篤な病気を引き起こす危険性もあるので、病気への理解を深めて定期的に検査を受けるなどの対策が必要になります。

抗生物質とは

◆性病の治療に用いられる抗生物質とは一体どういうものなのか。様々な病気に対して効果を発揮する抗生物質についての理解!

当初から「百発百中の万能薬」と呼ばれた抗生物質は微生物への対策として作られた化学物質で感染症の原因となる微生物を死滅させる効果を目的としています。着目されたのは1928年、それから研究が重ねられ1940年に開発された抗生物質の成分が“ペニシリン”です。

性病治療薬の買い方

◆性病に効く抗生物質はどこで入手できるのか。2つの入手方法とそれぞれのメリットとデメリットを知る!

病院はお薬代の他にも初診料や診察代、通院費などがかかってしまいます。その分、的確な処置や指示をしてくれるなど、安心や安全を提供してくれます。海外通販においてはかかる費用が送料程度なので自分の症状に合ったお薬を把握している人にとっては通院の手間も省くことができますし、コストを削減することができます。

クラビットとは

◆ニューキノン系の抗生物質、性病治療の大本命『クラビット』その正体を徹底解剖!

クラビット

病院はお薬代の他にも初診料や診察代、通院費などがかかってしまいます。その分、的確な処置や指示をしてくれるなど、安心や安全を提供してくれます。海外通販においてはかかる費用が送料程度なので自分の症状に合ったお薬を把握している人にとっては通院の手間も省くことができますし、コストを削減することができます。

ジスロマックとは

◆マクロライド系の抗生物質、医師も薦める治療薬『ジスロマック』その正体を徹底解剖!

ジスロマック

ジスロマックはアジスロマイシン水和物を含んでいる抗生物質で淋病やクラミジアはもとよりマイコプラズマなどの治療にも用いられています。抗菌作用の他に抗炎症作用もあるので、医療機関において様々な場面で活躍していて、海外通販などでも購入することが可能です。

その他のジェネリック医薬品

◆性病治療の助っ人となるか!?クラビットとジスロマックに続くジェネリック医薬品を一挙紹介!

性病に効くお薬にもたくさんのジェネリック医薬品が存在しています。種類としては大きく分けると4タイプに分かれていてペニシリン系、マクロライド系、セフェム系、ニューキノン系があります。先発薬と同一成分で開発されていて、安価で購入することができるジェネリック医薬品はとてもおすすめです。

性病の種類と特徴

◆クラミジアや淋病だけではない!?有名な性病の種類とそれぞれが持つ脅威、感染確率が低くても油断しない!

一言で「性病」と言っても、その感染源や種類によって症状が違えば治療方法も違います。感染者が多いとされる淋病やクラミジアの他にも放置すると危険な性病はたくさん存在し、同時に複数感染する可能性もあるのでどのような性病があるのか、その特徴などを理解しておきましょう。

性病の体験談

◆デリケートな話だけに人には相談できない性病あるある。発覚から治療に至るまでの体験談、経験者は語る!

性病ってデリケートな部分が関係してくるだけに、周りの人に相談したり病院に行ったりするのって抵抗がありますよね?ここではネット通販で検査キットや性病治療薬を購入し、病気が発覚してから完治するまでを経験した人の声を記載しています。周囲に相談できずに悩んでいる人は是非、参考にしてください。

~性病対策本部基本理念~

近年、日本における性病感染者数が増加傾向にある原因として、性病に対して正しい知識を持たない人が増えてきていることが大きな原因であると考えられます。
パートナーと性行為をする際に、最も注意しなければならないのが感染病の予防です。
性行為によって感染する病気はいくつも存在しますが、いずれもコンドームなどの避妊具を使用することで感染確率を低くすることは可能です。

感染の確率を低くする、つまりは100%感染予防するものではないという事を頭に入れておきましょう。
普段から不特定多数の人間と性交を持つ場合などは検査キットや対性病に有効的なお薬を常備しておくなど対策が必要です。
大切な人や自分を守るためにも病気に対する理解と正しい対策をしましょう!