性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬
性病対策本部 TOPジスロマック > AZEE(アジー)

ジスロマックジェネリックのアジーについて

ジェネリックのAZEE(アジー)

アジー

ジスロマックのジェネリックで、ジスロマックと同じアジスロマイシン水和物が有効成分の身体にとても優しい抗生物質になります。

腫れや炎症を抑えるのに抜群の効果と信頼がある事からとても人気があり、しかもジェネリックなのでジスロマックよりもかなり安く手に入る事から、抗生物質のなかでは1位2位を争うほどの人気があります。

クラミジアや淋病などの性病はもちろん、歯周病や扁桃炎などの症状においても本家ジスロマックが処方される事からとても効果があると言えます。

何よりも特徴的なのは効果における即効性と持続力にあります。この両方の特徴から他の治療薬に比べて短期間で完治させる事が出来るというのがこの薬の最大の魅力です。

子供用にシロップタイプもある事から、老人や妊婦さんまで飲む事が出来るほど安心な抗生物質となります。

ジェネリックってなぁに?

ジェネリックは後発薬とも呼ばれています。

簡単に言ってしまうと最初に出来た薬の真似をして2番目に作られた薬になります。

新しい薬を開発するのには莫大な時間と研究費がかかります。その費用を回収する事になるので新薬の値段は必然的に高く設定されてしまう事になるわけです。

薬には特許があります。その期間が切れてしまうと真似しても問題ない事からジェネリックが開発されます。

最初の先発薬に比べるとはるかに安い開発費で薬が作れます。その結果、ジェネリックは必然的に安く販売する事が可能だというわけです。

ジェネリックに関しては先発薬と基本的にはほとんど同じで効果も同じです。値段が違うだけになるので、先発薬にどうしても。というこだわりがないのならぜひジェネリックを試してみましょう。

アジーの効果

歯医者

有効成分のアジスロマイシン水和物が細菌の繁殖を抑制、他に抗炎症作用もある事から飲むだけで細菌を殺菌、炎症を抑え腫れなどの症状を改善してくれます。

抗菌薬になるので細菌のみでウイルスには効果がないという所もジスロマックと同じです。

クラミジア、淋病などの性器への感染から尿道炎や子宮頚管炎など性器の炎症、扁桃炎などのどの炎症、歯周病など口の中、さらには皮膚や耳、鼻などあらゆるところの細菌による炎症に効果があります。

歯周病に効果抜群

成人の約80%の人が感染しているといわれている歯周病は細菌性プラークと呼ばれるものが原因です。

歯周病は歯磨きがきちんと行き届いていないと起こります。歯と歯茎の間に多くの細菌が繁殖してしまう事で炎症や腫れを引き起こす病気です。

歯茎がぱんぱんに腫れたり、膿が出る、頭痛や腹痛と違い夜も眠れなくなってしまうくらいの嫌な痛みがあるなど本当に1分1秒でも早く治療したいのがこの歯周病です。

アジーは即効性がある事から歯周病の治療薬に最適だといえます。

痛いからと痛み止めを飲んでいても症状は良くなりません。痛みを抑えているだけになるので痛み止めが切れてしまった場合、地獄のような痛みに襲われるという事があります。

歯周病は1度きりでなく何度も発症してしまうという事があるので、定期的に腫れて困っているという人が通販を利用しているといったケースが多いです。

クラミジアで病院に行くと必ずといっていいほど処方されるのと同じように歯周病で歯医者さんに行くと必ずといえるほどジスロマックが処方されます。

歯周病に効果があるとお医者さんも認めているという事から安心して服用する事が出来ます。

尿道炎への効果

尿道炎になるほとんどは男性です。クラミジア、歯周病と同じように尿道炎と診断された場合も多くの場合、ジスロマックが処方されます。

尿道炎は細菌が尿道に入り込み炎症を起こした状態の事を言います。ほとんどはクラミジアや淋病などの菌が原因とされていますが、他にマイコプラズマやトリコモナスなどの菌が原因で発症する事もあります。

感染する菌によって症状は違います。軽くてほとんど気付かないものからムズムズ感や排尿痛まで様々で、きちんと完治させていない場合何度でも再発するので気を付けましょう。

コンドームの使用で防ぐ事が出来ます。

アジーの飲み方

飲み方

感染した細菌によって飲み方が違うので効果的な飲み方で治療するようにしましょう。

また早く治したいからと多く飲んでも効果は同じです。その分副作用を引き起こしやすくなってしまい別の症状に苦しむ事になってしまいますので絶対にやめましょう。

・クラミジア、淋病、尿道炎など
1000mgを1回だけ飲みます。1錠辺り250mgなら4錠、500㎎なら2錠といった感じになります。

・扁桃炎、歯周病、副鼻腔炎など
1日1回500mgを3日間連続で飲みます。1錠辺り250mgなら2錠、500mgなら1錠です。

症状に気付いたらすぐに治療を開始し、きちんと最後まで完治させ耐性菌を作らないように気を付けましょう。抗生物質に限らず、薬は決められた用法用量をしっかり守って完治させる事がなによりも大切です。

アジーの副作用

副作用

アジーは妊婦さんが飲んでも赤ちゃんに影響がないと言われているほど安心な薬で副作用はほとんどありませんが、絶対に出ないという事はありません。

出たとしてもすぐに治ってしまう軽いものがほとんどで実際にかかってしまっている病気の症状に比べれば大したことはない。といったケースがほとんどです。

効果が長く続く事から何日か経ってから副作用が出るといった事もあるので、効果が効いてるうちは注意が必要です。

1番多い副作用は成分の働きで下痢になってしまう事ですが、胃腸薬を飲む事で改善する事が出来ます。ただし一緒に飲むとアジーの効果を下げてしまいます。うまく時間をずらして飲むようにしましょう。

その他に吐き気や胃痛、目の充血などの報告があります。

副作用が出にくいとはいえ体質や体調によってはアジーが合わないといった事も起こらないとは限りません。飲んでみてなにか不調があったり、続くといった事がある場合は飲むのをやめて病院に行きましょう。

アジーの注意点

アジーは安心な薬とはいえ飲むのに注意が必要な人もいます。次にあてはまる人は注意しましょう。

過去にマクロライド系の抗生物質でアレルギー反応があった人は飲まないようにしましょう。

他に、肝臓や心臓に疾患がある人は医師に相談のうえで服用するようにしましょう。障害や不整脈を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

小さい子供でも飲む事が出来るアジーですが、6ヶ月未満の乳幼児には飲ませてはいけません。また6ヶ月以上の赤ちゃんの場合は飲む事は可能ですが大人と比べると下痢を起こしやすいので気を付けましょう。心配な人は医師にしっかり相談するようにしましょう。

その他にグレープフルーツと一緒に飲まないようにしましょう。

効果を強めてしまい、腎機能に障害が出てしまったり重症な症状があらわれてしまう事があります。実際グレープフルーツの作用は10時間ほどだと言われているので、ジスロマックやアジーを飲む時はグレープフルーツは食べないようにした方がいいでしょう。

アジーの併用禁忌薬

薬には一緒に飲む事で相乗効果をうながすものもあれば、逆に危険なケースもあります。注意しましょう。

・ニューキノロン系の抗生物質…基本的に複数の抗生物質を同時に飲んではいけません。副作用を引き起こすリスクが高まってしまいます。

・ワルファリン…肝臓の機能を弱めてしまう事があります。

・抗結核薬…血中濃度が下がり、効果を薄めてしまう可能性があります。

・HIV治療薬…血中濃度を高め、効果が効きすぎてしまう可能性があります。

他にも自分が常飲している薬や持病があるといった人は危険がないかどうかネットで徹底的に調べる、または一度病院に行き、服用OKなのかどうかしっかり確認するようにしましょう。

アジーの特徴まとめ

ジスロマックのジェネリック【AZEE(アジー)】のまとめ

  • ・ジスロマックのジェネリック医薬品。
  • ・有効成分はアジスロマイシン水和物。
  • ・あらゆる細菌による感染症に効果があり、炎症を抑え治療する事が出来る。
  • ・飲んですぐに効く即効性。
  • ・飲んだ日から1~2週間効果が続く持続力の高さ
  • ・1回飲むだけで約90%の確率でクラミジアを治療する。
  • ・感染症で病院に行くとほぼ処方される薬。
  • ・抗生物質の中では1位、2位を争う人気がある。
  • ・医者にも人気のジェネリック医薬品。
  • ・副作用が出る事がほとんどなく安全性が高い。
  • ・小さいお子さんから老人まで老若男女の服用が可能

アジーの購入方法

アジーを手に入れようと思ったら病院に行って感染症と診断されジスロマックを処方される際にジェネリックを希望しないと手に入れる事は出来ません。

病院に行くほどじゃないとあなどってはいけません。感染症は放置しておく事で他の大きな病気にかかってしまったり感染源になってしまう事で感染を拡大させてしまう事のある危険で厄介な病気です。

病院に行く時間がない。恥ずかしいから行きたくないという場合は専門の通販サイトを利用する方法で購入し治療するようにしましょう。

アジーの場合、たった1回飲むだけで1~2週間効果が続くことから何度も飲み続けていつまで飲まないといけないかわからない。といった事が防げるので、通販で購入する抗生物質の中でも特に人気があります。

自分で治療する場合の注意点としてはきちんと治っているかどうかも確認するようにしましょう。という事です。

クラミジアや淋病などの性病の場合は検査キットが販売しています。自分で簡単に確認する事が出来るので一緒に購入するのがおすすめです。

アジーの評判と口コミ

口コミ
  • 通販の検査キットでクラミジアになってるのがわかったのでアジーを飲んで治しました。

    副作用もまったくなく、逆に本当に効いてるのか心配しましたが検査キットで陽性になっていたのでよかったです。
  • 薬って毎日飲んでると周りに気付かれたりするのでめんどうくさいけど、アジーだと1回飲むだけなので家で飲んで終わり。ってところが気にいってます!
  • 風俗が好きでよくクラミジアになるのでアジーを常備して症状が出たら飲んで治してます。

    理由としては彼女にバレて大喧嘩になるからです。最近、飲んでおけば予防になるって事を知りそれからは一度も感染してません。予防出来るってもっと早く知ってればなー。
  • ずっと違和感があったけど近くに女医さんの病院がないので行けずにいたら不妊症になるよって言われたので怖くなって調べたらネットで買えたので買って治しました。

    1回飲むだけだけどちゃんと効くので大丈夫です。かゆみとこすれて少しヒリヒリしてたんですけど両方ともばっちり治療する事が出来ました。
  • 錠剤が苦手なのでシロップタイプの方にしました。思ってたよりも全然飲みやすくてそこまで苦みも気になりませんでした。

    こういうタイプは子供用だと思ってたんで、本当に効くのか少し不安でしたが大人にもしっかり効果がありました。

    シロップのおかげでこれからは錠剤と戦わずに済むと思うと気がラクになり症状もなくなったので本当によかったです。

【まとめ】耐性菌に気を付けよう!

ジスロマックが効かない

ジスロマックやアジーを服用しているのに全く効果がない、症状が良くならないという人がいたらそれは耐性菌が原因です。

耐性菌は治療中に薬の用量が足りてなかったり、自己判断で治ったと思って勝手に治療を中断してしまう事で細菌が死滅しなかった事が原因で誕生してしまう薬に耐性をもった菌の事です。

ジスロマックに耐性を持つこの耐性菌が病原菌の中に存在すると薬が効かないといった事が起こります。

耐性菌が誕生してしまうとジスロマックでは治療できなくなってしまう為、別の薬を使用して治療しなければなりません。

例えばクラミジアになってジスロマックを飲んでいるけど耐性菌のせいで効かない!そういった時にはクラビットやクラリスロマイシンなど他にも多くの薬があるので治す手段がなくなるわけではありません。

ですが、ジスロマック以外の薬は1日に何度か飲む事が必要とされる為、飲み忘れないようにしないといけないという面倒くささがあります。

一方ジスロマックは1回飲むだけで効いてくれるので、出来るだけジスロマックだけで済むように耐性菌を作る事のないようにしましょう。その為には途中で治療をやめないよう心がけましょう。

当サイトにおいてご紹介している医薬品は日本国内では医師の処方が必要となります。
用法用量などの指示が医師、薬剤師によっては異なることがあります。適切な診断、治療が必要な方は医療機関などで受診される事をおすすめ致します。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、一切の責任を負いかねます。
また、リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合の移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いかねますことをご了承下さい。