性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬

対策本部メニュー

性病対策本部 TOP > 性病体験談|性病Q&A

性病感染経験者による発覚から治療に至るまでの体験談と性病に関するよくあるQ&Aをご紹介しています。

性病体験談

性病ってデリケートな部分が関係してくるだけに、周りの人に相談したり病院に行ったりするのって抵抗がありますよね?

ここではネット通販で検査キットや性病治療薬を購入し、病気発覚から性病治療に成功した方の声が集まっています。

通販サイトの利用を不安に思ってる方、性病の不安がある方は是非、参考にして下さい。

性病治療の経験者

のぶおさん(32歳:♂)新潟県在住

職場の飲み会の帰り、同僚に風俗に誘われました。
その時の風俗のお姉さんが生でエッチさせてくれる子でとても得した気分で帰りました。

それから2週間経った頃でしょうか、排尿時に激痛が走りました。下着の内側を確認すると白い膿のようなものが付着しており、真っ先に性病を疑いました。
症状を色々調べているうちに自分がクラミジアか淋病に感染したことを自覚。病院に行こうとも考えましたが周りの目が気になるので、ネット通販で治療薬(クラビット)を購入することにしました。 届くまで1週間程度かかりましたが、服用してから1週間もかからず症状は改善されましたが、再発を恐れ念のためにもう1週間服用しました。

自覚症状がなかったらずっと気付かなかったと思うとゾッとします。性病は恐ろしい病気ですよ。

ちひろさん(25歳:♀)東京都在住

昔からカンジダ・ヘルペスになりやすく、半月に1回くらいのペースで発症します。

お仕事が風俗なので性病をもらいやすく、前回はクラミジアで今も淋病の治療中です。早期発見のためにネット通販で検査キットを常に2個くらい購入しておき、定期的に検査しています。

クラミジアも淋病も女性だとほぼ症状が出ないので、痒みとかおりものが多かったりしたらすぐに検査した方がいいですよ!

田中さん(36歳:♂)埼玉県在住

性行為を行う際などは普段から性感染症などがないように避妊具をしたり気をつけていました。ところが、発症率の高いクラミジアにかかってしまい妻にバレないようにネット通販で性病の薬を購入しました。

購入する際、性病について少ししらべたところ、やはりコンドームなどの避妊具は性病を100%防ぐものではないと書いてありました。

女性の膣内に挿入せずとも、口や女性器付近での性的接触でも感染する可能性があるので、オーラルセックスと言われるものにも注意が必要だということを学びました。薬で治療することができましたが、二度とこういう思いはしたくありません。

たかさん(40歳:♂)大阪府在住

風俗店に通うのが趣味で今では結構な確率でクラミジアや淋病になることがあります。

最初は病院に通っていましたが、毎回薬を処方してもらってすぐに治るので、診療代や通院費がもったいないと感じました。最近ではインターネットでもいろいろな種類の抗生物質を買う事ができますし、常備しています。

他人に知られることもなく治療ができますし、海外のネット通販とってもおススメですよん!

カブさん(41歳:♂)東京都在住

結婚を控えた彼女がいるにも関わらず不特定多数の女性と関係をもち、挙句の果てに性病をもらいました。

自分の感染に気付かず彼女にも感染させてしまい、全てを失いました。残ったのは性病だけ。病院だとお金もかかるのでネットの海外医薬品通販サイトでジスロマックを購入し治療しましたが、情けなさだけ残りました。

自業自得と言えば自業自得ですが、性病は体も心も彼女との結婚も全てを無にしてしまう病気です。気を付けましょう。

性器に異変を感じたら…

性行為後、数日が過ぎてペニスや女性器になんらかの異変を感じたときは、クラミジアや淋病のような性感染症になっている可能性があります。
そのような場合は性病検査キットを使って、早めに病気になっているかどうか検査しきちんと完治させ、感染を拡大させないようにしないといけません。

病院に行く時間が取れない人、知人にバレるのが嫌で誰にも知られずに検査を受けたい人などには検査キットの通販が便利です。
性病は早期発見、早期治療が肝心です。自分にしかわからない事でもあるので少しでも異変を感じたらすぐに調べてみるようにしましょう。

もし検査の結果、陽性反応が出てしまっても性病は治る病気です。すぐに病院に行って診てもらう、もしくは通販でクラビットやジスロマックを購入し自分で治療するようにして下さい。感染を拡大させないためにもしっかり完治するまで性行為は絶対にしないようにしましょう。

性病Q&A

性病に関してのよくある質問と答えをまとめました。

Q:性病と性感染症(STD)の違いはなんですか?

A:基本的には同じ、セックスなどを介して人から人へ感染する病気の事を言います。

そもそもは梅毒、淋病、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫の4つの病気の事を性病と呼んでいましたが、種類が多くなって来たことからすべてを総称して性感染症(STD)と呼ばれるようになりましたが、基本的な違いはありません。

Q:潜伏期間はどのくらいですか?

A:性病や感染症の種類、個人の体質や体調によって異なります。

症状がわかりにくく自覚症状のない性病もあるので、性行為の後に少しでも違和感を感じたら検査するようにしましょう。

【一般的な潜伏期間】
・クラミジア  1~2週間
・淋病     2~7日間
・梅毒     約3週間
・カンジダ症  2日~1週間
・ヘルペス   3日~1週間
・コンジローマ 1~8ヶ月
・エイズ    約10年

Q:包茎だと性病になりやすいって本当?

A:本当です!

ペニスが常に包皮で隠れてしまっている事が原因です。
どうしてもむけている人よりは不衛生になってしまいがちな事から雑菌が好む環境になりやすい事で感染しやすくなってしまっているとされています。
かといって洗いすぎるのも良くないので、入浴時、1日1回はしっかりきれいに洗えていれば何の問題もありません。

Q:セックスしなければ性病になる事はないですよね?

A:病原体にもよりますが、セックスしなくても性病になる事があります。

例えばキスやオーラルセックスをはじめ、タオルの共有、サウナやプール、トイレなどを介して感染する事があります。 血液感染、体液の交わりでの感染もあるので、むやみに不特定多数の人と関係をもたない事が自分自身を守る事にもなるといえます。

Q:パートナーを特定すれば性病になりませんか?

A:絶対にならないとはいえません。が極めて低いといえます。

カンジダ症のようにセックスしなくても免疫力が下がる事で発症してしまうものや、共有施設で感染してしまったりするといった事を考えればセックスの経験がなくても性病になるリスクは存在します。
なので、パートナーを特定したからといって性病にならないというわけにはいきませんが、感染率は極めて低いものになるといえると思います。また感染経路が特定しやすいといった事があるので特定するに越した事はないでしょう。

Q:コンドームをすれば感染しませんか?

A:性器に対する感染を防ぐといった意味ではコンドームの使用は不可欠といえます。

が、オーラルセックスやけじらみなど性器以外の部分に関しての性感染症を防ぐ事はできないのでコンドームだけではすべての性病に感染しないとはいえません。

Q:性病の検査を受けるには病院に行かないといけませんか?

A:病院の他に各地域の保健所、検査キットで調べるといった検査方法もあります。

地域の検査に関してはすべての病気の検査が出来るわけではなく検査出来る病気が地域によって限られています。
エイズの検査に関してはほとんどの地域で受ける事が出来ますので気になる事がなくても性行為をしてるのであれば定期的に受けるといいでしょう。
また誰かにバレるのが恥ずかしいって人は自宅に検査キットを取り寄せて検査するという方法もあります。

Q:妊娠してなくても婦人科を受診する事は出来ますか?

A:出来ます。

妊娠や出産などを扱うのは産科になります。月経や性器に関して、更年期障害などを扱っているのが婦人科なので10代から高齢の方が色々な理由で受診する事が出来ます。妊娠してるしていないにかかわらず気になる事がある場合はすぐに婦人科に行きましょう。

Q:性病は自然に治る事もありますか?

A:ありません。必ず治療が必要です。

勝手に治ってしまう性病は今のところ存在しません。性病になったらそのまま放置する事はせず絶対に治療に取り掛かるようにしましょう。性病は一部をのぞいて治療すれば必ず治る病気がほとんどです。自覚症状がなくても疲れがたまっていたり、免疫が下がっていると急に顔を出すといった事もあるので、発覚した場合にはただちに治療する。といった事を心掛けましょう。

Q:一度感染したらもう感染しませんか?

A:感染は何度でもします。

一度感染したから免疫が出来てもう二度と感染しない。といった性病はありません。
何度でも感染するうえに、逆に菌やウイルスの方が薬への耐性をもってしまい治療薬が効きづらくなってくるという事があります。
菌やウイルスがまだ体内に残ってるにも関わらず症状がおさまったから治ったと勘違いし薬を飲むのをやめてしまうといったような、中途半端な治療がこういった事態を招く事になるので性病にかかった際はしっかりと完治させる事が重要です!

Q:性病検査が実行されている風俗店は安全ですか?

A:安全といった意味では信憑性に欠けると思います。

看板や情報サイトなどに検査をしているから安全です。とうたっていても実際毎日検査してるわけではなく、月に1回のという所がほとんどです。検査後で感染してしまっていたら次の検査まではわからない。って事になってしまう為、絶対に安全とはいえないでしょう。
また異性の性的サービスにおいては風営法で検査の実施を含め、色々と規制がありますが、同性・元同性といった場合は風営法による規制がないので、性病が蔓延しているというのが実状です。注意するようにしましょう。

感染拡大させない為に…

おそらくほとんどの人がセックスを経験すると思います。その時点で性病に感染する可能性はゼロではないので性病について、性病になってしまったら、ならない為にどういった対策をするのか…を最低限知っておく、正しい知識さえあれば感染拡大は食い止める事が出来るはずです。

なににせよ性病にならない事が1番です。
自分自身を守る事、そしてパートナーを思いやる事を忘れずに楽しいセックスライフを過ごせるようにしましょう!

性病治療薬の通販