性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬
性病対策本部 TOP > クラミジアとは

性病クラミジアについて正しい知識をもちましょう。

クラミジアとは

性病クラミジア

クラミジア、淋病、梅毒など性病にも種類があります。なかでも国内で一番の感染者数を誇るのがクラミジアです。

感染者のうち男性で半分、女性だとなんと8割もの人が感染している事に気付かないと言われています。

見た目でも匂いでもすぐに感染したと気付く事の出来るトリコモナスや、尖圭コンジローマと違い、感染しても自覚症状がほとんど出る事のない病気です。

一度は聞いたことがあると思いますが、どんな症状なのか具体的な部分まで分かるという方は少ないと思うのでクラミジアについてご説明します。

またクラミジアは性器に感染する他にのどに感染する咽頭クラミジアがあるのでそちらもしっかり確認しておきましょう。

クラミジアの症状

性病クラミジア

クラミジアはクラミジアトラコマティスという病原菌に感染する事による性病で、男女でそれぞれ症状が異なります。

自覚症状がほとんどないので少しでもあてはまる症状があった場合はすぐに検査を受けましょう。

男性…排尿時の痛み、尿道、排尿後の不快感、膿が出たり、睾丸が傷んだり腫れたりします。

女性…おりもの量が多くなったり、セックスの時に痛みや少量の不正出血があります。

感染に気付かず悪化してしまった場合の症状に、性器、また下腹部の違和感やむずがゆさ、おりものが黄色い、臭い、血が混じっている。といった症状が出た場合はクラミジアにかかっている可能性があります。

男性よりも女性の方が感染に気付きにくく、1番多い症状ではおりものが少し増えるという程度です。

これはクラミジアに感染していなくても生理前などにも起こる症状なので、見分ける事はとても難しく結局自覚する事なくそのままになってしまう。自体が深刻化してから気付く。という人がほとんどです。

自覚症状がないままセックスをしてしまう事で感染を拡大してしまっている人もたくさんいるのが現状です。また女性の場合では妊娠前の検査や妊娠をしてから発覚するというパターンも少なくありません。

感染経路と潜伏期間

クラミジアの感染経路のほとんどはセックスによる精液や膣分泌液、唾液などの粘膜に直接接触することで感染します。空気感染するといった事はありません。

感染の可能性がある場所としては上から目、鼻の中、耳の中、口、のど、生殖器、肛門の中となっていて、あらゆるところから感染、もしくは感染させることになってしまうという事がわかると思います。

セックスをはじめディープキスやオーラルセックス、アナルセックスなど、性行為全般で発症する可能性があるので到底防ぎきるのは難しいです。

またクラミジア菌がついた手で性器を触ったり目をこすったりしてしまった場合もそこから粘膜感染してしまうので、気を付けるようにしましょう。

最近では高校生など10代~20代の若い年代のクラミジア患者数が急増していて。性病に対する知識の不足やコンドームの不使用が原因とされています。

クラミジアは何度でも感染、再発する事のある病気で、自然治癒するといった事がないので早期発見、早期治療がなにより大切です。感染が発覚した場合は、ジスロマックやクラビットなどの治療薬を最後まできちんと服用し、しっかりと完治させるようにしましょう。

クラミジアの潜伏期間は5日~3週間と言われています。

放置の危険

放置したくなくても自覚症状がないからわからない。という人が多いと思います。クラミジアだけじゃなく性病は放置すると大変危険です。

放置したことで菌が色々な部分に進行、炎症を起こし、色々な病気に発展してしまうので注意しましょう。

男性の場合、精巣上体炎や前立腺炎、副睾丸炎を発症します。前立腺炎がさらに進行すると血精液症という精子に血が混ざる病気になる事もあります。

女性は場所によって子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎、卵巣炎、骨盤腹膜炎といった病気になります。 そのままにしておくと男性は無精子症、女性も不妊症になってしまう事があるのできちんと検査するようにしましょう。

クラミジアの検査方法

検査

クラミジアに感染しているかどうか検査する方法は主に2種類あります。

病院やクリニックにいって検査を受ける方法ともうひとつはクラミジアの検査キットを使って自分で検査するという方法です。

病院で検査をうける場合、男性は泌尿器科、女性は婦人科などでの検査が一般的です。性病科という性病専門のクリニックなどもあります。

大体の病院で検査を受ける事ができますが、行って受けられない。といわれてしまう事もあるかもしれません。事前にしっかりと調べておくようにしましょう。

病院で検査を受ける際の注意点

クラミジアの検査で病院にいった場合に保険が適用されない。という場合があります。もちろん保険証を提示しないといった人は保険が適用される事はありません。

その他に自覚症状がない状態で検査を受けた場合にも保険が適用されないといったケースがあるので、気になる症状を医師にしっかりと伝える必要があります。

そして検査を受けてからしまった!と気付くケースが多いのが、保険診療ではなく、自由診療の病院で検査を受けた場合です。

病院が自由に料金を設定できるので思ったよりも高額になってしまったり、病院によって金額が違うといった事が起こります。

事前にしっかりと保険診療に対応している病院かどうか調べる事で保険が適用され、安く検査を受ける事が可能です。

とはいえ、病院で検査を受ける場合は初診料、診察料の他に検査料や薬代など総額するとそれなりの金額になってしまう事もあります。待ち時間もかかるし、なにより誰かに見られたら恥ずかしい。という人は次の検査キットでの検査がおすすめです。

検査キットで検査する

クラミジアに感染しているかどうかが15分程度でわかってしまう検査キットがあります。通販で購入する事ができて、自宅で自分で簡単に検査してしまう事が可能です。

検査の精度に関しては病院も検査キットもほぼ同じ高精度となっているので、病院で根掘り葉掘り聞かれて恥ずかしい思いをするくらいなら検査キットを使う事をおすすめします。

通販サイトでまとめて買っておくことで気になった時にいつでも検査する事が出来ます。また忙しくて病院に行けない人でも定期的に検査する事が出来るので安心です。

検査キットだけでなく病院でも同じですが、感染直後では検査結果が正しく出ないといった場合があるので、最低でも感染したかもしれない日から3日以降に検査するようにしましょう。

クラミジアの治療方法

薬を飲む

クラミジアは症状が出たとしてもすぐにおさまってしまう事があるので治った。もしくは勘違いだった。と思い込んでしまう人がとても多いです。

クラミジアは抗生物質を飲んで治す以外に勝手に治るという事は絶対にありません!少しでも気になる事があった場合は勝手に判断せずきちんと検査するようにしましょう。

クラミジアをしっかりと治療・完治させたいといった時には治療薬であるクラビットジスロマックといった抗生物質を飲む事です。

有効成分が細菌の増殖を防ぎ、死滅させることで治療します。クラミジアに効く抗生物質は病院で処方される以外に今は通販で買う事もできます。

クラミジアだけでなく淋病や梅毒など他の感染症も同時に併発してしまっている時にはアモキシシリンが有効です。症状に合った薬で治療していく事が大切です。

治療のポイント

クラミジアに効く薬を飲みきちんと治療するためには3つのポイントがあります。

1.用法用量をしっかりと守る事。

抗生物質はとても強い薬です。用法用量を守らず多めに飲んでしまう事で副作用が起きたり、少なかった事で耐性菌を作ってしまい、薬が効かない。なかなか治らない。といった事が起こってしまいとても危険です。用法用量は必ず守るようにしましょう。

2.パートナーも一緒に治療する事。

感染症はうつったり、うつされたりする事で感染します。自分だけが完璧に治療したとしても、パートナーが感染している場合はまたうつされてしまい、それがずっと繰り返されてしまうといった事が起こります。性病はパートナーと一緒に治療していく事がなにより大切です。

3.完治しているか確認する事。

症状がおさまっても菌がまだ体内に潜んでいる可能性もあるので、薬をきちんと飲んだら最後にもう一度検査し、きちんと完治しているかどうか確認するようにしましょう。

妊娠中のクラミジア感染

妊婦

クラミジアは自覚症状がないまま感染してしまっている人が多いことから、実際妊娠してから妊婦検診の際に発覚した。という人も少なくありません。

クラミジア検査は義務ではないので感染に気付かないまま妊娠してしまっている人もいますが、わからないからと放置してしまうと赤ちゃんにもお母さんにも悪影響を及ぼす事があります。

自覚症状がなくても妊娠が発覚したときには自分でしっかりと検査を受けるようにしましょう。

検査方法

検査は妊娠30週までに受けるようにしましょう。もしも感染していた場合、治療までに4週間程度かかると考え、臨月を迎える前に治療が終わっている必要がある事から30週まで。となっています。

とはいえ30週を過ぎていても検査を受けることは可能です。気になる人はすぐに検査を受けましょう。

検査方法は、膣内に綿棒を入れ粘膜を採取して検査します。健康保険が適用されないのですべて自己負担という事になりますが、母子ともに健康であるためにも妊娠が分かった時点で早めに検査を受けるようにしましょう。

感染による影響

【早産、流産】

妊娠初期から中期の間にクラミジアの原因であるクラミジアトラコマティスが赤ちゃんを包む絨毛膜や羊膜に感染し炎症を起こす事で子宮が収縮し、早産または流産の原因になってしまう事があります。

早産で生まれた赤ちゃんは脳性麻痺、精神発達遅滞などの障害が残ってしまう事もあり大変危険です。

【産道感染】

妊娠後期においては子宮の入り口が感染してしまっているので分娩の際に感染部位を通る事で赤ちゃんに感染してしまうといった可能性が高まります。

目や鼻、口など粘膜を通してすぐに感染してしまうので生まれてすぐに治療に取り掛からなければいけないといった事にもなりかねません。

【新生児結膜炎】

赤ちゃんの目にクラミジアが感染する事で起こります。まぶたの腫れ、偽膜ができる、膿の混ざった目やにが出るといった症状があらわれます。

生まれて5日~2週間程度で発症、抗生物質の点眼薬などを1週間~10日ほど使用する事で治療していきます。

【新生児肺炎】

赤ちゃんの鼻や口から感染する事で起こります。ひゅーひゅーといった苦しそうな呼吸音や痰、出血を伴う咳が出るといった症状があらわれます。

抗生物質の飲み薬などを約2週間ほど服用する事で治療していきます。

治療方法

抗生物質を飲む事で治療します。妊娠中でもジスロマック、クラビットは服用する事が出来ます。

病院に行ってもこの2つの薬が処方されるほど胎児への影響だけでなく妊婦への影響もほぼないとされている安心で効果のある薬です。

クラミジアは自然治癒する事がないので、赤ちゃんになにかあったら…と心配で薬を飲みたくない人もいるかもしれません。ですが、感染したままにしている方がもっと危険です。

きちんと担当の医師と相談しきちんと完治させて元気で健康な赤ちゃんを産む準備をしてあげるようにしましょう。

万が一、副作用があった場合はすぐに病院に行き診察を受けましょう。

クラミジアの予防方法

コンドーム

一番の方法は感染している相手とセックスしない事ですが、感染の有無に関しては見た目じゃわからないので避けようがありません。

次の方法としては粘膜の接触を完全に絶つ事です。セックスの時だけでなく口でする時にもコンドームをしっかりと付ける事で少しは防ぐことはできるかもしれませんが完全にとなると難しいかもしれません。

あとはセックスの前に薬を飲む方法です。AZEEは1回飲むとその効果時間が非常に長い事から性病の予防薬になります。風俗に行く前に病気をもらわないようにこのAZEEを飲んでから行くという人が最近ではとても増えていてネットでの評価もよくとても人気があります。

【まとめ】必ず治るクラミジア

パートナー

男女共に共通していることはクラミジアに感染してしまっていることに気付くのはとても困難だという事です。ですが、少しでも早く気付くことができれば必ず治療する事が出来ます

自覚症状がないから仕方ない。ではなくきちんと検査すればすぐにわかるので、自分の身体の為、また相手のことを考えて定期的に検査するようにしましょう。

新しいパートナーが出来たり、結婚や子供を作る前などなにかイベントがある時には必ず検査をするという事も相手を思いやる気持ちのひとつです。しっかり予防、治療する事で感染拡大を防げるようにしましょう。

当サイトにおいてご紹介している医薬品は日本国内では医師の処方が必要となります。
用法用量などの指示が医師、薬剤師によっては異なることがあります。適切な診断、治療が必要な方は医療機関などで受診される事をおすすめ致します。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、一切の責任を負いかねます。
また、リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合の移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いかねますことをご了承下さい。