性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬

クラビットを通販で購入ならば時間も取られず安く済むのでおすすめです。ジェネリックならばさらに安く購入が可能です。

クラビットを通販で購入

クラビットを通販で購入

クラビットを入手するとなると2通りあります。1つは病院で処方してもらう、もう1つは通販を利用して購入する方法です。どちらにもメリットデメリットがありますが、個人的には通販を利用して購入した方が簡単でお得だと思います。

クラビットを通販で購入するメリット

クラビットを通販で購入するメリットは数多くあります。今の通販では性病の検査キットも販売されており、検査から治療まで全部自宅で済ませることができます。通販で購入したときの大きなメリットを紹介していきたいと思います。

誰にもバレない

誰にもバレない

性病にかかって放置は危険です。必ず治療しなければなりませんが、大半が性病というのを病院で診てもらうのが恥ずかしいという方です。専門の医師に診てもらうといっても自分が性病というのは他人には知られたくない事実かもしれません。そのような方には通販を利用し性病の薬を購入するのがおすすめです。クラビットを通販で購入なら自分以外の誰にもばれることはまずありません。梱包の際に商品名は記載されていませんので、配達員ですら箱に何が入っているのかもわかりません。その辺のプライバシーがしっかりしているので通販に対して不安を抱いている方も安心して利用することができます。

時間が取られない

時間が取られない

病院で処方を望む場合は必ず診察が一緒についてきます。そうなった場合、薬だけを貰うのと違ってその間の拘束時間というのがかなり取られてしまいます。社会人ならば下手すると仕事の1日休みを取らなければならない事もあるでしょう。ですが、通販で購入ならば、仕事の移動中にクラビットをカートに入れて注文ボタンを押すだけで終了です。約1週間半程度で自宅にクラビットが届きます。この様に簡単に薬を購入できることから通販を利用される方が多くなっています。

通販なので場所を選ばない

通販なら時間がとられないことと似たような形になりますが、ケータイ一個あればどこでもクラビットを注文することができます。そのため、職場までの移動中やちょっとした休憩中などどんな場所にいても通販なら簡単に購入することができます。

処方箋がいらない

処方箋がいらない

基本的に病院での処方となると一回病院で診察を受け、処方箋をもらって薬局でクラビットを購入するという流れです。日本国内ですと、薬事法により処方箋がなければクラビットのような処方箋薬を売買することは違法となっているのです。ですが、通販の場合はこの処方箋を必要とされていないため、誰でも気軽に購入することが可能です。

なぜ必要じゃないの?と疑問に感じる方もいると思いますので少し説明しますと、処方箋は医師が処方したその薬の使用に関しての責任を持つということを記している書類とも言われており、その薬で何か問題があった場合は医師に責任が問われます。しかし、個人輸入の場合は、全て自己責任となり薬を購入、利用するのは個人なため、医師が関係してくることはありません。そのため薬を購入、利用するのは自己責任となるため、先ほど記載した薬の使用に関しての責任をもつという証明の処方箋は必要とされていないのです。

クラビットなど販売されている通販はあくまでも個人輸入を代行するサイトです。そのため、処方箋もいりませんが、全て自己責任となりますので注意しましょう。

ジェネリックが購入できる

クラビットは病院ではもちろん、通販でも購入が可能となっています。ですが、クラビットのジェネリックというのは病院で処方されません。なぜかというと、日本国内ではまだ未承認となっているためです。通販ならば購入することは可能で、人気も高いです。ジェネリックなので成分、効果、副作用、服用方法は全て同じです。ただ、ひとつ違いがあるとすれば、かなり安価で購入することができることです。お金を少しでも浮かせたいという方は通販で是非ジェネリックを購入することをおすすめします。

クラビットを通販で購入するデメリット

クラビットを通販で購入するデメリット

一番のデメリットとしては購入してから到着までに時間が多少なりともかかってしまうことです。早ければ1週間程度で遅いと2週間程度まで待っていなければなりません。そのため、継続してクラビットを使用している方というのはもうすぐ無くなると思ったときに到着する日時を考えて無くなる前に注文しておくといった方が多いそうです。その他にはと全てが自己責任となることです。薬を利用したことで何か起きてしまった場合はすぐに病院へ行き診てもらうようにしましょう。

病院と通販の違い

病院では医師に診てもらうため安心という部分は大きいかと思いますが、上記で何個か挙げてきたように総合的な面で見た時では通販の方がメリットとしては大きいかと思います。自分の判断で購入できる方やクラビットを処方してもらってまたクラビットだけほしいという方は通販を利用するのが良いでしょう。

クラビットを通販で購入する時の注意点

クラビットを通販で購入しようとした時に大半の方は安く済むように様々なサイトを比較して一番安く売られている通販サイトを利用するかと思います。この時に偽物を購入することのないよう注意しなければなりません。通販となると現物が見れないため注文して自分の手元に届いてみたら偽物だったなんてことも多くみられます。様々な通販サイトと比較してかなり安めに設定されているサイトはその様な偽物な可能性が高いため注意しましょう。

クラビットの効果・副作用・服用方法

クラミジアは性病の中でも一番多い病気と言われています。
性行為を行うことによって簡単に感染してしまうものですが、クラミジアの感染に気付かないまま複数の男性、女性と交わる男女が増えています。

生命を脅かす病気ではないとしてもできれば細菌による感染ですから体に良いものではありません。
症状としては、男性の場合は排尿の際の痛みや違和感、かゆみなどがあり、発熱する恐れもあります。

女性がもしこの症状を放っておくと不妊症、子宮外妊娠、流産、早産を招くケースも多い為、検査を行い対処を行うべきです。
クラミジアの治療薬で用いられているのがクラビットです。

クラビットとは日本で製造されているニューキノロン系の抗生物質です。
ニューキノロンはキノリン骨格の一部をカルボニル基で置き換えた構造で、細菌が持つDNAジャイレースの働きを阻害・死滅させる働きを持ち、主に性病などの感染症治療に用いられます。

クラビット

クラビットの効果と副作用

クラビットの種類には錠剤のクラビット250mg、500㎎と、細粒のクラビット10%があり、適応する菌種がとても多いのが特徴です。

肺炎球菌、淋菌大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属、インフルエンザ菌、コレラ菌、ペスト菌、アクネ菌などが上げられます。

これらの菌によって引き起こされる感染症で主に表在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎や
前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラなどに対し、細菌を阻害・死滅させ感染症を治療するの効果があります。

しかし体内に存在する菌には善玉菌のように体の体調を整えてくれている菌もあります。
それらを死滅させてしまう事によって起こる副作用として頭痛、吐き気、めまい、発疹、下痢、不眠などの症状が起こる場合があります。

クラビットは他の抗生物質と比較すると、副作用が起こりにくいお薬と言われています。
副作用が起きにくいとされていても体質や体調などの個人差によっては副作用の症状が起こる場合もあります。

副作用の例としては、過敏症、頭痛、吐き気、不快感、下痢・軟便などの症状が報告されています。
また、めまい、眠気などの症状が出ることもあるので、服用後の車の運転は控えるようにした方が賢明です。

ごくまれにけいれんや急性腎不全、肝機能障害、黄疸、好酸球性肺炎などのように重大な副作用が出る場合があります。
これからの症状が出た場合には直ちに服用をやめ、医師に診察を受ける事をおすすめします。

また、持病を持っていたり他の薬を服用している人、妊娠している可能性のある人は副作用とって重篤な症状を引き起こす可能性があるので、必ず医師に相談してから服用するようにして下さい。

クラビットの服用方法

成人男性であれば錠剤250mgの場合1日1錠を2~3回、500㎎の場合には1日以上を1回を食後に水と一緒に服用します。

クラビット細粒10%の服用の場合には錠剤の250mgと同様に1日1包を2~3回食後に服用します。
細菌類は潜伏期間が長く、服用によって症状が改善・回復したとしても体内に潜伏している可能性があります。

症状が治まったからといって服用を止めてしまうと細菌が死滅しきれずに症状が再発する危険性があります。
また、必要以上に長い期間にわたり服用し続けることによって体内に必要な菌まで死滅させてしまう危険性もあります。

なので症状によって用法・容量をしっかり守ることが大事です。

クラビット