性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬
性病対策本部 TOP > クラビット

クラビットはたくさんの感染症に効果があります。

クラビットとは

処方箋がいらない

クラミジアは性病の中でも一番多い病気と言われています。

セックスによって簡単に感染してしまうこのクラミジア、感染に気付かないまま複数の男性、女性と関係をもち、感染を拡大させてしまっているという男女が増えています。

生命を脅かす病気ではないとしても細菌に感染しているわけですから、絶対的に体に良いものではありません。

コンドームを使用する事で感染を予防する事が出来ます。

症状としては、男性の場合は排尿の際の痛みや違和感、かゆみなどがあり、発熱する場合もあります。

女性の場合は自覚症状が出ない事が多く、もしこの症状を放っておくと不妊症、子宮外妊娠、流産、早産を招くケースも多い為、少しでも違和感があったら検査をするようにしましょう。

クラミジアの治療薬で用いられているのが上記で紹介したクラビットです。

クラビットは日本で製造されているニューキノロン系の抗生物質です。ニューキノロンはキノリン骨格の一部をカルボニル基で置き換えた構造で、細菌が持つDNAジャイレースの働きを阻害・死滅させる働きを持ち、主に性病などの感染症治療に用いられています。

クラビットの効果

クラビットの種類には錠剤のクラビット250mg、500㎎と、細粒のクラビット10%があり、適応する菌種がとても多いのが特徴です。

ものもらいで眼下に行った場合必ずといっていいほど処方されるクラビットの点眼薬タイプもあります。目薬として使用する事でものもらいを治療する事が出来ます。

肺炎球菌、淋菌大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属菌、インフルエンザ菌、コレラ菌、ペスト菌、アクネ菌など、その他あらゆる細菌に対して効果を発揮します。

クラビットは細菌の増殖抑制に最も効果のある薬と言われているほど細菌に対しての効果は抜群ですが、ウイルスによる感染病に関しては効果はないので使用の際はどちらによる感染なのかきちんと把握するようにしましょう。

病状でいうならクラミジア、淋病などの性病をはじめ、肺炎や咽頭炎、表在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、扁桃炎や前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラなどその他の細菌による感染症を治療する事が出来ます。

また、クラビットは緑膿菌や抗酸菌といった少し特殊な菌にも有効で、これらの菌に効果を発揮する抗生物質はとても貴重だとされています。

副鼻腔炎への効果

鼻の粘膜に菌が感染、炎症を起こす事で膿がたまり鼻の痛みやずっと鼻水が出るといった症状が起こります。

鼻をかんで鼻水を出す事で回復して行く事もありますが、そのままにしておくと慢性化してしまい、そうなると蓄膿症と呼ばれ重度の場合には手術をしないといけなくなってしまいます。

クラビットで細菌の増殖を防ぎこの副鼻腔炎も完治させる事が出来ます。

膀胱炎への効果

クラビットは膀胱炎の治療にも効果があります。女性に多い膀胱炎は細菌が大腸や膣から尿道へと侵入し、膀胱に感染する事で起こります。

膀胱炎になると1日に10回以上トイレに行きたくなる頻尿や、白く濁った尿が出る、排尿時の痛み、また血尿などといった症状が起こります。

クラビットなら完治させる事が可能です。ただし油断は禁物です。膀胱炎はくせになりやすく何度でも再発する病気です。

日頃の生活習慣を整えるなど、出来るだけ再発しないように気を付けるようにしましょう。何度も膀胱炎になってしまうといった人は出来るだけクラビットを切らさないよう常備しておき症状が出たら早めに治療出来るようにしておきましょう。

緑膿菌への効果

クラビットは緑膿菌に効果のある特殊な抗生物質として有名ですが、この緑膿菌とは自然界においてとても広い範囲に分布されていて、主に日和見感染症の代表と言われているものです。

そもそも日和見感染症がわからないという人に簡単に説明すると、健康な人に感染しても何の問題もありませんが、免疫が弱った人に対して色々な病気を発症する感染の事を言います。

呼吸器感染症、尿路感染症、菌血症、肝・胆道系感染症などがありますが、こういった菌にもクラビットは効果があり、治療する事が出来ます。副作用も少ないので安心して治療に専念するようにしましょう。

クラビットの飲み方

成人男性であれば錠剤250mgの場合1日1錠を2~3回、500㎎の場合には1日1錠を1回、食後に水と一緒に服用します。

クラビット細粒10%の服用の場合には錠剤の250mgと同様に1日1包を2~3回食後に服用します。

細菌類は潜伏期間が長く、服用によって症状が改善・回復したとしても体内にまだ潜伏している可能性があるので、症状が治まったからといって服用を止めてしまう事のないようにしましょう。

細菌が死滅しきれずに症状が再発する危険性があります。

クラビットを飲む際は用法・容量をしっかり守る事、ちゃんと完治させる事がなにより大切だといえるでしょう。

クラビットの副作用

体内に存在する菌には善玉菌のように体の体調を整えてくれている良い菌も存在します。これを常在菌といいますがクラビットでその常在菌まで死滅させてしまう事によって副作用が出てしまうという場合があります。

クラビットは他の抗生物質と比較すると、副作用が起こりにくいお薬と言われていますが起きにくいとされていても体質や体調などによってでてしまうといったケースもあるので注意しましょう。

症状としては、過敏症、頭痛、吐き気、不快感、下痢・軟便などの胃腸障害が主に報告されています。

また、めまい、眠気などの症状が出ることもあるので、服用後の車の運転、機械の操作などは控えましょう。

胃腸障害の場合は抗生物質を飲む人に多くみられる症状で数日でおさまるものがほとんどですが、もしも症状が長引いてしまっているというような場合はすぐに病院に行きましょう。

ごくまれにけいれんや急性腎不全、肝機能障害、黄疸、好酸球性肺炎などのように重大な副作用が出る場合があります。これらの症状が出た場合には直ちに服用をやめ、医師の診察を受けるようにして下さい。

クラビット服用時の注意点

注意

クラビットを飲む際に注意して欲しい事や、注意する必要がある人、常飲している薬がある人などで下記にあてはまる人は医師に相談するかもしくは服用しないようにしましょう。

空腹時に服用しない

空腹時に服用すると必要以上に薬の成分を吸収、効果を発揮してしまう事で、副作用が強く出てしまうことがあるので、クラビットを飲む際は食後に服用するようにしましょう。

妊婦、妊娠の可能性のある人

妊婦さんや妊娠の可能性のある人は出来るだけ服用を避けましょう。

絶対に飲んではいけないという事はないですが、大丈夫だという安全がまだ確立されていない為、医師の診断上飲む必要がある場合だけ服用するようにしましょう。

高年齢の人

服用することは可能ですが副作用が出やすいため、その際は注意が必要です。

アキレス腱障害を発症しやすい傾向にあるともされているので、服用量や服用間隔などに注意して服用するようにしましょう。

大量、長期の服用はしない

早く治したいからとたくさん飲んでも効果は変わらないうえに副作用を引き出してしまうリスクが発生してしまいます。決められた量をしっかり飲むようにしましょう。

また、念のためにと完治したあとも飲み続けるということのないようにしましょう。

耐性菌を生んでしまうリスクの他に、常在菌という身体にとって必要な菌まで殺す事になり免疫力が下がってしまう事で他の病気にかかってしまったりと逆効果になってしまう事も考えられます。完治した時点で飲むのはやめるようにしましょう。

車や機械の運転

クラビットを飲んだら車や機械の運転はしないようにしましょう。

副作用が出てしまった場合にめまいや眠気の症状が起こることがある為、危険です。普段は大丈夫でも体調次第で、その日に限ってという事もあるので注意するようにしましょう。

次の重症疾患がある人

重度の腎機能障害、心臓病、筋無力症の疾患がある人は症状を悪化させてしまう恐れがあるため、服用しない。

する際はきちんと医師の診断を受けてからにしましょう。

また臓器移植を受けた経験がある人、てんかんをお持ちの人も飲む前にきちんと医師に相談するようにしましょう。

結核の人

自覚がないうちに感染してしまっている事もあるので注意が必要です。

結核の人が飲むと有害だとされていて、結核の発見を遅らせてしまったり、最悪の場合は死んでしまうという事もあります。

服用の必要がある時以外はむやみに飲むといった事はしないようにしましょう。

クラビットの併用禁忌薬

医薬品の併用は大変危険です。

効果を弱めてしまったり逆に強めてしまって効きすぎるといった事や、一生ものの持病を患う事になってしまったり、最悪の場合は死に至る事もあります。

併用する際はきちんと調べるなどして飲み合わせの悪い薬を一緒に飲む事のないように注意しましょう。

ロキソニンなどの鎮痛薬…けいれんを発症してしまう事があります。
ボルタレンなどの鎮痛剤…けいれんを発症してしまう事があります。
胃腸薬…クラビットの効果を弱めます。どうしても両方飲む際は2時間ほど間隔をあけて併用するようにしましょう。
ワルファリン…ワルファリンの効果を高めてしまう事で出血しやすくなってしまいます。
鉄剤…吸収を阻害します。服用する際は2時間ほど間隔をあけて併用しましょう。

【まとめ】いざ!となったらクラビット

心強い

多くの医師がたくさんの細菌に効果がある事から色々な治療においてクラビットを処方する。という事からよく感染症にかかってしまう人にはおなじみの薬かもしれません。

それだけ安心出来て信頼のある薬であるという反面、使いすぎてしまうと耐性菌を作る事になってしまい、いざという時に効かない。といった事が起こるという声もあります。

効果があるだけに色々な場面で使用してしまいがちではありますが、耐性が出来てしまっていざという時に効かないでは大変な事になってしまいます。

性病など絶対に治療が必要な場合だけにする。など本当に必要かどうかをしっかりと考えて飲むようにしましょう。

その他にも細菌に感染する事のないように日頃から疲れをためこまない。免疫力や体力をしっかり付けておく。など自分の身体は自分できちんと守るという事も考えるようにしましょう。

性病治療薬の通販
当サイトにおいてご紹介している医薬品は日本国内では医師の処方が必要となります。
用法用量などの指示が医師、薬剤師によっては異なることがあります。適切な診断、治療が必要な方は医療機関などで受診される事をおすすめ致します。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、一切の責任を負いかねます。
また、リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合の移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いかねますことをご了承下さい。