性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬
性病対策本部 TOPクラミジアとは > 咽頭クラミジアとは

咽頭クラミジアに感染するとどんな症状がでるのかを確認しておきましょう。

咽頭クラミジア

咽頭クラミジア

クラミジアがのどに感染した場合、咽頭クラミジアと言います。感染者とのオーラルセックスやキスなどが原因で感染します。

性器クラミジア同様、ほとんど症状が出ないので無自覚のまま感染を広げてしまうといった事が多くみられます。

咽頭クラミジアの症状

自覚症状が出る事はほとんどありませんが、少しでものどに違和感があったら注意しましょう。

症状が出ても風邪の症状と似ているので違いに気付くのは非常に難しく、病院に行っても同じように風邪と診断されてしまい風邪薬を処方されますが、飲んでも当然治る事はありません。

扁桃腺が腫れる、喉が痛い、発熱、咳が出る、痰がからむといった症状が出ます。

少しでも身に覚えがあって気になる症状が出た時は病院に行くようにしましょう。

咽頭クラミジアの検査方法

普通にのどの痛みで病院に行っても咽頭クラミジアと診断される事はありません。自分で可能性を伝えてきちんと咽頭クラミジアの検査を受けましょう。

その際、のどの検査だけでなく一緒に性器クラミジアの検査も受ける事をおすすめします。一緒に感染してる事も多く、感染を広めない為にもしっかりと検査をし、病状を把握、完治させるようにしましょう。

検査の方法はのどの粘膜を採取して菌が見つかるかどうかを検査する方法と、うがい液を使って検査する方法の2種類あります。

粘膜を採取する方法では綿棒をのどの奥に入れる必要があり、苦しかったり部分的な粘膜しか採取できなかったりするという問題がある為、最近ではうがい液を使った検査方法が主流です。

体への負担も少なく、広範囲の検査が出来る為、検査の精度もあがり厚生労働省もうがい液での検査を推奨しているほどです。

咽頭クラミジアの治療方法

性器クラミジアと同じでこの菌に関しても抗生物質が有効です。クラビットジスロマックなどの抗生物質を服用し、菌を殺菌、死滅させる事で完治させます。

抗菌剤を注射、点滴する事で治すという方法もあります。

いずれにしても症状がないからといって中途半端に治療を中断する事のないようにしましょう。

性器の感染よりものどの方が治りにくいとされている為、ちゃんと完治しているかどうか最後にしっかり検査する事も忘れないようにしましょう。

咽頭クラミジアは症状もほとんどなく治りにくい病気です。気づいたらすぐに検査、治療し、最後までしっかり治すという事を守って感染拡大を防げるようにしましょう。

【まとめ】自覚がないから?感染者数ナンバー1

1位

クラミジアは何度も言いますが、感染者数の1番多い性病です。

性器への感染だけでなく咽頭への感染に関しても自覚症状がないのをいいことに、たくさんの人が知らない間に感染源になってしまっているという事が起こっています。

一度でもセックスした事がある。少しでも性器やのどに違和感を感じた事がある。オリモノがおかしい。風邪じゃないのにのどがイガイガする。とにかくいつもと違うな。と少しでも気付く事があった時には一度検査を受けてみる事をおすすめします。

もしも感染していた場合は、すぐにでも治療を開始するようにしましょう。そして自分だけ治療するのではなく、相手にもきちんと伝えて一緒に治すようにしましょう。

また、感染源を突き止めるだけでなく感染しないようにきちんと予防するという事も大切です。

性病治療薬の通販
当サイトにおいてご紹介している医薬品は日本国内では医師の処方が必要となります。
用法用量などの指示が医師、薬剤師によっては異なることがあります。適切な診断、治療が必要な方は医療機関などで受診される事をおすすめ致します。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、一切の責任を負いかねます。
また、リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合の移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いかねますことをご了承下さい。