性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬
性病対策本部 TOP > 性病検査が受けられる場所

性病検査が受けられる場所を確認しておきましょう。

性病検査が受けられる場所

性病かな?と思ったら実際に検査を受ける方法は3つあります。病院に行く。保健所に行く。自宅で検査キットを使う。の3つです。

違いについてまとめてみました。それぞれのメリット、デメリットを確認してみましょう。

病院

なにか身体に不調な症状が出たらとにかく病院に行くというのは小さい頃からの常識です。

病院とひとことに言っても、性病検査が受けられるのは泌尿器科、産婦人科、小児科、皮膚科、性病科、性病クリニックなどです。当然ながら外科などでは受ける事が出来ないので注意しましょう。

病院で検査を受けるメリット

  • ・自分のタイミングで予約をし、検査を受ける事が出来る。
  • ・症状を伝えるだけで適切な検査が受けられる。
  • ・保険が適用されれば安く検査を受けられる。
  • ・感染が発覚した場合に適切な治療が受けられる。
  • ・わからない事はすぐに質問出来る。
  • ・すべての種類の性病検査を受ける事が出来る。

病院で検査を受けるデメリット

  • ・知り合いに会ってしまう可能性がある。
  • ・検査項目が増えるほどお金がかかる。
  • ・結果まで1週間程度かかる。
  • ・保険が適用されないと費用が高くなる。
  • ・保険証を使う事で親などにバレてしまう事がある。
  • ・移動時間や診察までの待ち時間がかかる。

病院で検査を受ける場合は保険が適用されるかどうかで大きく違います。

症状がある場合は大体の場合、保険が適用されるので3割負担ですみますが、症状がないけど不安だから…ってだけで検査を受けた場合には保険が適用されずにすべて自己負担になってしまい検査費用が高額になってしまう事があります。

自由診療の場合は病院によって値段が違う為、高額になってしまう事もあるので病院に行く場合は事前にある程度調べてから行くようにしましょう。

初めて行く病院の場合は初診料、そして診察料、薬代、交通費がかかります。

保健所

全国の保健所、自治体の施設で実施されているので、日本国内に住んでいる人であれば、年齢などに制限がある場合はありますがほとんど誰でも検査を受ける事が出来ます。

ある程度人に見られる事なく検査が受けられるように配慮してくれている場合が多いです。

保健所で検査を受けるメリット

  • ・一部の検査を除き、無料で検査を受ける事が出来る。
  • ・保険証を使わないで済むのでバレにくい。
  • ・匿名で受ける事が出来るので名前を言う必要がない。
  • ・土日に受けられるところもある。

保健所で検査を受けるデメリット

  • ・検査出来る種類が少ない。
  • ・月に1回や、平日の昼間のみなど日にちや時間が限られる。
  • ・検査を受けられる人数に制限がある。
  • ・結果まで1週間程度かかる。
  • ・検査結果は電話や郵送ではなく面談のみで通知される。

なによりも無料で検査が受けられるというのが保健所で検査を受ける事による最大のメリットです。

ただし、検査が受けられるのは月に1回や2週間に1回、〇日に実施。大体が水曜や木曜など平日の昼間、または午前中の3時間など、日時が限られているので、それ以外の日に検査したくても受ける事は出来ません。

普段仕事をしている人などは受けにくい検査になっているので、お金のない人や保険証を使う事が出来ない人などには保健所での検査はおすすめです。

クラミジア、淋病、梅毒の検査が実施される事もありますが、保健所で受けられる検査のほとんどはHIV検査になっています。採血と採尿で検査されるので、ノドへの感染や、カンジダ症、ヘルペス、トリコモナスや尖圭コンジローマといった性病の検査は受ける事が出来ません。

性病は出来るだけ放置せず早めに治療するのが理想です。タイミングが合うならば無料ですしおすすめではありますが、合わない場合はなるべく早く検査を受けるようにしましょう。

ただし、HIVの検査を受けるなら病院ではなく保健所で受けるのが断然おすすめです。HIVは1度感染してしまうと治る事のない不治の病です。死に至る事もあるので下記のサイトを使ってしっかりと検査を受けるようにしましょう。

自宅

最近人気のある検査方法で自宅で自分で検査する方法です。

通販サイトを利用して検査キットを購入し、自宅に届いたら指示に従い自分で粘膜や分泌液、尿、血液などを採取し検査します。検査方法は検査する種類によって異なります。

自宅で検査を受けるメリット

  • ・誰にもバレる事がない。
  • ・比較的安く、簡単に出来る。
  • ・すべての種類の性病検査を受ける事が出来る。
  • ・方法によっては結果が数分、または数日でわかる。
  • ・結果は携帯やパソコンで確認する事が出来る。
  • ・自分の好きなタイミングで検査が出来る。

自宅で検査を受けるデメリット

  • ・感染の有無が確認出来るだけで治療する事が出来ない。
  • ・郵送の場合、結果が出るまでに数日かかる。
  • ・なにがあっても自己責任になる。

自宅でいつでもどこでも検査する事が出来る検査キットはとても便利で、誰にもバレる事なく未成年でも親の同意がなくても購入する事が出来ます。

仕事や都合が悪くて検査を受けられない人、忙しい人におすすめの検査方法です。

検査の結果、なにもなければ問題はないですが感染が発覚した場合、病院に行く。もしくはまた通販で治療薬を買って治すしか方法はありません。自分で治療する場合、なにかあっても自己責任となってしまいます。

  • まとめ
  • ・適切な検査、治療を受けたい人 → 病院
  • ・お金をかけずに検査したい人 → 保健所
  • ・誰にもバレずに検査したい → 自宅

検査結果の正確度の違い

紹介した3つの検査結果の正確度は実はすべてまったく同じです。

病院も保健所も検査キットも採取した検体はすべて同じ登録衛生検査所という同じ検査機関に送られます。そこで出た結果が、病院なり保健所なりwebサイトなりに送り返されるという事になります。

病院だから正確だ。検査キットだから少し心配。って事はないので安心して自分に合った検査方法を選ぶようにしましょう。

検査キットの場合、郵送の場合は同じ検査機関を通す事になりますが、その場で数分ですぐに結果がわかるものもあります。

その場合も病院で使われているのと同じ検査キットになるので正確度の信頼度は病院と同じという事になります。

通販で買える性病検査キット

検査

性病の検査キットを通販で購入する場合、届いた検査キットを使って自分で検体を採取し、送り返した結果をネットで見るタイプと、自宅で自分で検査し結果がその場で確認出来る使い捨てのタイプの2種類があります。

正確度に関しては上記でもお伝えしたようにまったく同じなので、ここでは誰にもバレないを重視して使い捨てタイプの検査キットについてのオススメをご紹介します。

クラミジア検査キット

クラミジア検査キット

【価格】3回分で3150円程度~

クラミジアの検査キットも通販で購入する事が出来ます。

使い捨てタイプの検査キットになるので届いたものを検査機関に送り返す手間もなく、当然病院にいかなくても自宅にいて自分で簡単に使う事が出来、およそ15分ほどで結果がわかるというものになります。

そんなに簡単で大丈夫なの?って心配になるかと思いますが、医療機関でも使われているものなので正確さでも充分に信頼出来る検査キットになります。

セックスをしてから48時間以上経っていれば検査が可能です。

  • 【使い方】
  • 検査キットの中にある付属の綿棒に検体を付着させて検査します。

  • ・男性…ペニスの尿管に綿棒を差し込み付着させる。
  • ・女性…綿棒を膣の奥まで差し込み付着させる。

  • 検体の付いた綿棒に検査キットに入ってる液体をたらして15~20分置いておきます。
  • 検査キットにある色の変化でクラミジアに感染しているかどうかを判定します。

検査する前には必ず手を洗い、清潔な場所で行うようにして下さい。使用方法にある手順を守り、使用する直前に開封する、検査が終わったキットは廃棄します。

検査の結果、感染がわかった場合は病院に行くかジスロマックかクラビットを飲んで治療する。きちんと完治するまで、感染したままセックスはしないようにしましょう。

淋病検査キット

淋病検査キット

【価格】1個2980円程度~

自宅で自分で調べる事が出来るiCAREの淋病検査キット。医療機関で使われている事を見ても正確さや簡単さに関しては保証されていると言えます。

淋病などの感染症は再発する事もあるので症状が出たらすぐに検査できるようにと、こういった使い捨てタイプの検査キットを常備しているという人も多くなりました。

病院に行く時間がないほど忙しいという人が多くなってきているのも利用者が増えている理由のひとつです。

  • 【使い方】
  • 検査キットの中にある付属の綿棒に検体を付着させて検査します。

  • ・男性…ペニスの尿管に綿棒を差し込み付着させる。
  • ・女性…綿棒を膣の奥まで差し込み付着させる。

  • 検体の付いた綿棒に検査キットに入ってる液体をたらして15~20分置いておきます。
  • 検査キットにある色の変化で淋病に感染しているかどうかを判定します。

感染の有無さえわかってしまえばあとは通販で自分で薬を買って治療する事も出来ます。淋病に感染した場合に同時にクラミジアにも感染してる事があったりします。

きちんと症状を確認し、合った薬できちんと治療するようにしましょう。完治するまではセックスは控えましょう。

梅毒セルフテスト

梅毒セルフテスト

【価格】1個2850円程度~

梅毒は抗生物質で治療しない限り、勝手に自然治癒するという事はないので早期発見、早期治療が必要です。

年々、梅毒患者数は増加しています。梅毒の症状は風邪と似ている為、普通に病院に行って風邪と診断されてなかなか治らないと思ったら梅毒だった。って事もあるほどです。

ただ、梅毒だと思って婦人科や泌尿器科に行ったら風邪だったという逆のケースもあります。

診断が下るに越したことはありませんが、もしそういう思いをするのが恥ずかしいといった人は梅毒も自分で検査する事が可能です。

病院や郵送で検査できるものなんかよりも早く結果がわかるというのもおすすめの点のひとつです。

  • 【使い方】
  • キットの中にあるアルコール消毒綿で採血を行う指の部分を消毒します。
  • ランセット(使い捨ての針)を消毒した指の腹に押し当ててボタンを押します。
  • 針が刺さり血が出たらスポイトで1~2滴ほど採血します。
  • 水平な場所にテストカードを置いたら「S」の部分に血を1~2滴ほど垂らし、次に検査液を2滴ほど垂らします。
  • 20分程するとC/T部分に検査の結果が表示されます。

針を指に刺した際の傷はとても小さいので少し抑えておけばすぐにふさがります。刺した傷から大量に血が出てしまうといったような事はほぼありません。

万が一、異変を感じた場合は傷口をばんそうこうなどでふさぎ、病院に行って診てもらうようにしましょう。

梅毒は進行が進むと死に至る事もある怖い病気です。

そのうえ、感染していると他の感染症に感染するリスクも大幅に高まります。エイズウイルスに感染する可能性もあるので気になる症状が出たらすぐに検査するようにしましょう。

ヘルペス検査キット

検査キット

ヘルペスに感染しているかどうか、病院に行かずに自宅で自分で検査出来るキットになっています。

病院で使われる検査キットと同じなので安心して確認する事が出来るうえ、病院だと検査結果が出るまでに時間がかかりますが、検査キットを使えば15分ほどで確認する事が出来ます。

ヘルペスは何度も再発する事のある感染病のひとつです。感染している時にパートナーや家族と接触してしまうと感染を広げてしまう事になってしまいます。

いつでもすぐに検査、治療が出来るように1度感染した事がある人は検査キットを常備しておき自分が感染源になってしまわないように気をつけるようにしましょう。

  • 【使い方】
  • キットの中にあるアルコール消毒綿で採血を行う指の部分を消毒します。
  • ランセット(使い捨ての針)を消毒した指の腹に押し当ててボタンを押します。
  • 針が刺さり血が出たらスポイトで1~2滴ほど採血します。
  • 水平な場所にテストカードを置いたら丸いサンプル窓の部分に血を1~2滴ほど垂らし、次に検査液を2滴ほど垂らします。
  • 10~15分程で検査の結果が表示されます。

感染が発覚した場合は治療薬でしっかり治療するようにしましょう。

ヘルペスは感染力が非常に強くタオルやバスマットなどを共有するだけでも感染してしまいます。感染中、治療中は出来るだけ身体にふれるものは共有しないように気を付けるようにしましょう。

HIV検査キット

検査キット

【価格】1個3150円程度~

自宅で自分で調べる事が出来るiCAREのHIV検査キットです。病院や保健所などでしか検査出来ない為、時間が取れない人や周りに知られたくないといった人におすすめです。

医療機関でも検査の際に使われている検査キットになるので信頼性においては問題なく使用する事が出来ます。

HIVはセックスをしてすぐに検査をしても検査結果が出ない場合があります。

早期発見が1番ではありますが、感染して12週間ほど経ってからでないと検査結果がきちんと出ない。という事があるので注意しましょう。

風邪やインフルエンザの症状が長引いているといった時には感染の可能性があります。エイズが発症してしまうと命にかかわる事もあるのですぐに検査するようにしましょう。

  • 【使い方】
  • キットの中にあるアルコール消毒綿で採血を行う指の部分を消毒します。
  • ランセット(使い捨ての針)を消毒した指の腹に押し当ててボタンを押します。
  • 針が刺さり血が出たらスポイトで1~2滴ほど採血します。
  • 水平な場所にテストカードを置いたら丸いサンプル窓の部分に血を1~2滴ほど垂らし、次に検査液を2滴ほど垂らします。
  • 10~15分程で検査の結果が表示されます。

感染が発覚した場合はただちに病院に行きましょう。

残念ながら完治する方法はまだ開発されていませんが、薬を飲み続ける事で進行を防ぐ事は可能です。

その為にもやはりHIVは早期発見がとても重要です。少しでも気になる事がある場合はすぐに検査するようにしましょう。

【まとめ】検査は必ず受けましょう!

性病は自然治癒する事はなく必ず治療が必要な病気です。

周りに感染させる事もあり、大切な家族やパートナーに迷惑をかける原因になってしまう事にもなります。

ほとんどの性病は完治させる事が出来るので症状が出たらすぐに検査し、しっかりと治療するようにしましょう。治るまではセックスなどの性行為は禁止です。

症状が出たら放置する事なく、それぞれのメリット、デメリットをふまえたうえでちゃんと検査は受けるようにしましょう。

性病治療薬の通販