性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬

対策本部メニュー

性病対策本部 TOP > 抗生物質の購入方法

性病に効く抗生物質を購入するなら通販を利用しましょう。その際の注意点もしっかり見ておきましょう。

抗生物質の購入方法

クラビットジスロマックなどの抗生物質を購入する方法は病院で診察を受けて処方箋を出してもらって購入する。あとは通販で購入する方法のこの2つです。

抗生物質を通販で購入する場合、いわゆる楽天やAmazonなどのショッピングサイトでは購入する事が出来ません。薬専門の通販サイトで購入する事になります。サイトによって値段や取り扱ってる薬なんかも違うので色々みて比較検討してみる事をおすすめします。

方法に関しては簡単で、普通のショッピングサイトと同じ手順で進んでいけば購入する事が可能です。通販サイトに行き商品を選ぶ。送付先や支払い方法などの情報を正しく打ち込む。購入決定ボタンを押す。基本的にはこれだけです。

パソコンがあんまり得意じゃないという人でも簡単に購入する事が出来ますが、どうしても不安な人は電話注文やFAX、メールで注文する事が出来る良心的なサイトを探してみましょう。そういったサイトであれば電話注文の際にわからない事を聞く事も出来、きちんと対応もしてくれるので安心です。

通販は違法?合法?

抗生物質などの薬を通販で購入する事自体は違法ではありません

通販で手に入れる事に関して簡単に説明すると、個人輸入という形で手に入れる事になります。個人輸入というのは、自分だけが使う自分用の抗生物質を自分で購入する。という事になるので、通販で買ったものを他人に売ったり、譲ったりすればこれは違法という事になってしまいます。

例えば性病で通販を利用する場合は、自分で使う為の抗生物質を購入するって時だけにしましょう。

通販利用者が増えてる理由

通販であれば抗生物質だけでなく検査キットなども購入する事が出来るので「性病かもしれない。」「病院に行くのが恥ずかしい」という人には通販で購入する事が出来るというのは本当に便利で、最近では病院に行かずに通販で買った検査キットで調べて、通販で買った治療薬を飲んで自分で治す。という人が増えてきています。

仕事などで時間がなく、わかっていてもなかなか病院に行くことが出来ないって人もこの方法であればすぐに検査する事が可能です。性病を放置すると危険な為、この方法で早期発見し、早めに治療してしまう。というわけです。

また性病以外の病気(インフルエンザや歯周病、副鼻腔炎)に対しても効果があり、様々な場所の菌による炎症を治療する事が出来るので常備薬として購入しているという人も増えています。

通販で買うと安い理由

自宅で簡単に抗生物質を購入出来て便利という以外にも通販で購入する事による最大のメリットとしては金額の安さがあげられます。

海外で発売されている値段は日本の値段よりも安く売られているという理由以外にもジェネリックを購入する事が出来るから。というのも理由のひとつです。

そういった専門のサイトではジェネリックがたくさん取り扱われているので日本で処方される薬よりもはるかに種類も多く、まったく同じ効果があるのに安い値段で購入出来る事から通販サイトにおいてはジェネリックはとても人気があります。

他にも病院でかかる初診料や診察費がかからない。保険適用外の薬も安く購入出来る。といった事から総合的に見ると通販サイトで購入する方が安く済むと言えるでしょう。

わかりやすく病院での診察コストと通販サイト利用時のコストを比較してみました。

病院での診察コストと通販サイト利用時のコストの比較


【病院での診察】

初診料 検査費(1項目) 薬代
2000円~3000円 2000円~4000円 3000円~

上記の検査費は1回の性病検査で抗生物質を処方された場合にかかる費用であり、検査する項目が増えれば金額も高くなり検査する項目によっては数万円を超える場合があります。


【通販サイト】

初診料 検査費(1項目) 薬代 送料
なし 性病検査キットで
2000円~3000円
1700円~ 1000円~

通販で先取り

少し番外編的な事になるかもしれませんが、通販サイトの利用者が増えている理由のひとつに海外の方が進んでいる。といった事があります。

例えば肥満を改善してくれる薬なんかはアメリカではとてもポピュラーだったり、アンチエイジングなどの美容系の薬に関しては韓国は取り入れるのがとても早かったりします

日本はどうしても認可がおりるまでものすごく時間がかかったりするのでネットなどで見て試してみたい!と思っても日本に入ってくるのはまだまだ先で購入する事が出来ない薬ばっかりだったりします。

個人輸入代行のサイトであればそういった海外の薬をいち早く手に入れる事が出来る為、トレンドに敏感な人たちの利用が増えたのも通販で購入する人が増えた理由のひとつです。

通販サイトを選ぶポイント

いざ、抗生物質を通販で購入しようと思ってネットで検索してみるとすぐにわかるとは思いますが、薬を取り扱っている輸入代行の通販サイトはものすごくたくさん存在します。

そのなかで安心なサイトをみつけるとなるとなにをどう見分ければいいのかわからないというのが大半だと思います。

安心なサイトかそうでないかを見分ける方法として、一番簡単なのは口コミやお客様の声などを見てみる事です。

そもそもそういったものがないといったサイトは論外です。対応やサービスなどがとてもいいサイトだと利用する側もきちんとコメントしていたりするものなので、そういった点で見分けるのもいいと思います。

他にも成分などについて細かく記載してあったり、症状に合わせた治療薬をオススメしてくれていたり、電話対応しているサイトなど、利用する側に親切なサービスがあるサイトであれば失敗しないサイト選びが出来ると思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

通販を利用する際の注意点

病院に行かなくても抗生物質を購入する事が出来る通販サイトですが、利用の際に注意してもらいたい点がいくつかあります。

悪質サイトに注意!

とてもたくさんある通販サイトの中には偽物の薬を販売していたり詐欺まがいの悪質なサイトも存在します。そういったサイトの特徴としては

・日本語のサービスが不十分
・問い合わせが出来ない
・電話での対応がない
・クレジットカードでの支払いが出来ない
・値段が極端に安すぎる

などといったサービスの悪さなどが目立ちます。全部じゃなくても当てはまるようなら他のサイトを見てみるようにしましょう。

そのなかでも値段が極端に安すぎる場合は偽物の可能性が高いので注意するようにしましょう。

適切な薬を選ぶ

通販を利用する前に性病(感染症)の種類と症状を自分でしっかり把握しておく事が必要となってきます。

きちんと病気に合った治療薬を購入しないと効果がない。治らない。という事になるので、症状を調べる。もしくは検査キットを使ってしっかり自分がどの感染症に感染しているかを把握しましょう。今ではネットで症状を調べれば大体はどの病気に感染しているのか判断する事が出来ると思います。

どうしても不安な場合は最初だけ病院で診察を受け、初回のみ処方してもらい、その後は自分で同じ薬を通販で購入するという方法もあります。

すべて自己責任

もっとも注意しておきたい点は通販を利用する際はすべて自己責任になる。という事です。

病院で処方してもらう際の処方箋は、医師が薬に対してちゃんと責任を持ちますよって証明書のような意味があったりします。

ですが、通販の場合はそれがないので抗生物質を飲んでなにかあっても全部自分の責任という事になるわけです。

少しでも気になる点や異変、体調不良が続くといった症状がある場合は飲むのをやめて病院で診察を受けるようにしましょう。

その他に抗生物質ひとつとっても種類がたくさんあるので注文の際に薬を間違えないようにする事、種類によってそれぞれ効果や副作用、飲み方も異なるのでしっかり把握したうえで服用する事を注意するようにしましょう。

薬の保管方法

薬は飲んだり塗ったりと直接身体に影響を与えるものになります。保管方法のしかたによっては効果が弱く、もしくはなくなってしまったり最悪な場合には悪い影響を及ぼすという事にもなりかねません。

特別な指示がある場合を除いた基本的な薬の保管方法をご紹介します。せっかくの薬も効果がなくなってしまっては意味がないので、参考にして正しく保管するようにして下さい。

室温

薬を冷蔵庫で保管する人が多いですが、開け閉めの際の温度差で薬に結露が出来てしまうと性質や形状が変化してしまう事があります。薬は室温で保管するようにしましょう。

暗、涼、乾

これはよく見る直射日光・高温・多湿を避けるという事です。直射日光で成分が分解してしまう薬なんかもあるのでこの3つを避けた場所で保管するようにしましょう。

冷所保存

冷所保存と書かれている、もしくは指示があった場合は冷蔵庫で保管するようにしましょう。その際の注意点としてはまず凍らせないようにする事。凍らせてしまうと効果が変化してしまう事があります。

それ以外に食品と間違ってしまうようなわかりにくい容器に移し替えないようにしましょう。お子さんや飲む必要のない人が口にしてしまう事で大変な事態を引き起こしてしまう事もあります。絶対にやめましょう。

遮光保存

この場合は光が一切入らない真っ暗な場所で保管する必要があります。密閉できる容器に入れて保管すればOKです。光などに長時間あたる事で性質が変化してしまう薬の場合にこのような指示があります。

粉薬・顆粒

粉薬・顆粒などの薬は飲むと水に溶けやすく吸収がとても早いのが良い所でもありますが、いざ保管するとなると注意が必要です。

湿度が高い場所で保管すると固まってしまったり、性質が変わってしまう事があるので薬の袋ごと密閉容器で保管するなどして湿度のあがるような場所で保管しないよう注意しましょう。その際、一緒に乾燥剤を入れるといいでしょう。

子供の手の届かない所

小さな子供はなんでも口に入れてしまいます。手の届かない所に置くか子供が開ける事の出来ない容器に入れて保管するようにしましょう。飲もうと思って出して少し目を離した瞬間でも飲んでしまう事があるので出したらすぐに飲むようにしましょう。

薬は薬で保管する

薬と一緒にある事で誤飲してしまったりどれがどれだかわからなくなってしまう事のないように薬は薬だけで保管するようにして下さい。処方された薬はその人の症状を診て出された薬になるので個人ごとにまとめるようにしましょう。

年に1回

薬にも使用期限があります。1年に1回で充分なので期限の切れたものがないかチェックするようにしましょう。期限切れだったり明らかに変形してしまってるものがある場合はすぐに捨てましょう。

最後まで大切に保管する

処方された時の袋や、市販薬などの箱、説明書は飲み終わる、もしくは使い終わるまで薬と一緒に大切に保管するようにしましょう。正しい飲み方や注意する点が書いてあるのでわからなくなったらすぐに確認できるようにしておきましょう。

そのまま保管

他の箱や容器にむやみに入れ替えたりするのはやめましょう。成分が変化してしまったり間違えて飲む。どの薬かわからなくなるといった事を防げます。元の容器やシートのままで保管するようにして下さい。どうしても移し替える際は飲む分だけにするようにしましょう。


いくら期限内であったり保管方法に気をつけても、時間が経つ事で変形したり、変色してしまう事もあります。もっとひどい場合には溶けてしまったり異臭がしたりする場合もあります。

その際は絶対に飲まない、使わないようにしてすぐに捨てるようにしましょう。

性病治療薬の通販