性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬

対策本部メニュー

性病対策本部 TOP > 抗生物質の効果

抗生物質の効果は性病に対してとても有効的ですが、様々な病気に対してどの抗生物質が有効的かも変わってくるので注意しましょう

抗生物質の効果

抗生物質の効果

そもそも抗生物質というのは細菌感染症に最も効果的な薬です。細菌自体を死滅させたり、増殖を抑えるといった効果があります。ペニシリンというこの世ではじめての抗生物質誕生からはじまり今では多くの抗生物質が存在します。それではペニシリンがなぜ人間にはほぼ影響を及ぼさずに細菌だけを死滅させてしまうのか?
それはペニシリンの分子β-ラクタムが細菌の細胞壁を作る酵素と反応し、その働きを止めてしまうためです。

この細胞壁の機能が止まってしまうと菌はたちまち死滅してしまうため、細菌に対し即効性がある効果をもたらします。
逆に、人間や動物はこの細胞壁をもっていない為、人体に与える影響はほぼ無害となるのです。

これらのことから分かるように抗生物質は細菌による感染症の治療にとても適していることが分かります。
細菌が原因となる感染症で代表的なものに性病が挙げられますが、性病の薬としてもちろん抗生物質が用いられています。

性病以外にも効果がある抗生物質

性病以外にも効果がある抗生物質

上記で抗生物質は感染症に最も効果的と記述しました。感染症というのは性病以外にも様々あり、ニューキノロン系のクラビット結膜炎やものもらいの点眼薬としても多く使用されています。マクロライド系のジスロマックやクラリスロマイシンは扁桃腺の炎症、上気道炎(のど)からくる風邪にも使用されています。どれもウイルス感染のものなので抗生物質の効果はとても有効的と言えるでしょう。

インフルエンザで抗生物質が処方される

インフルエンザには基本的に抗インフルエンザ薬というものが処方されます。これは有名なとこでいうとタミフル等といった薬です。ですが、これと一緒に抗生物質も処方される事があります。結果からいいますとに抗生物質の効果はほとんど効きません。それではなぜ処方されるのかというと、インフルエンザによって体力、また免疫力が落ちてしまいます。そうなるといつもより感染しやすい状態になっており、気管支炎や肺炎といったような病気にかかってしまうケースがあります。このように合併症、重症化となってしまって毎年1万人前後の方がなくなっています。それを防ぐためにもインフルエンザの時には抗生物質も同時に処方される機会が多いのです。

抗生物質は効果なし?

性病には抗生物質がとても有効的と言ってもそれぞれの薬が少しずつ特徴があり、どの病気に効果を発揮するのか等が変わってきてしまいます。クラミジアにはこの薬、梅毒にはこの薬、淋病にはこの薬、といったようにそれぞれの役割があります。マクロライド系はクラミジアや梅毒にはとても効果的で、ニューキノロン系となるとクラミジアと淋病には効果的となっています。

そのため、梅毒にかかっているのにニューキノロン系のクラビットを使用していたり、淋病なのにマクロライド系のジスロマックを使用していたりとなると抗生物質の効果がないと勘違いしてしまうケースがあるかもしれません。

抗生物質を使用する上での注意点

抗生物質を使用する上での注意点

抗生物質がいくら無害と言っても「細菌を死滅させる」効果があることと忘れてはいけません。
人の体には体の状態を保つために必要な菌も多数存在します。

勘違いをしてしまう人も多数いらっしゃいますが抗生物質は予防薬ではありません。
なので決められた回数、時間を守らずに過剰に服用をしていると体に必要な菌まで死滅してしまう可能性があります。

必要な菌まで死滅してしまうと下痢やカンジダを引き起こしますので服用には注意が必要です。

抗生物質の効果を最大限に引き出すためにはまず用量用法はかならず守らなければなりません。それぞれの薬によって服用方法等は変わってきてしまいますが、自己流で服用してしまうと効果は出ないどころか副作用のみが出てきてしまう可能性があります。また、治療期間を自分の判断で中断しないようにしましょう。中断してしまうと同じ抗生物質がもう効かなくなる可能性があります。耐性菌というものが出現して違う薬を使わなければならなくなってしまいます。

テトラサイクリン系とニューキノロン系の抗生物質のみですが、牛乳と一緒に服用は禁じられています。それは薬に含まれている成分がカルシウムと結合してしまい、効果が弱まってしまうためです。そのため、牛乳を飲むのは薬の服用後2時間以上は空けてからにしましょう。また、アルコールの摂取は絶対に禁止です。抗生物質の効果が効きすぎてしまい、大きな副作用を出現させてしまう危険性があります。

万能的な抗生物質

万能的な抗生物質

抗生物質とは微生物をもとに作られた化学物質で、感染症の原因となる微生物の増殖や機能を阻害したり微生物を死滅させる効果があります。

この薬は1928年、イギリスの細菌学者であるフレミング氏がブドウ球菌(病原菌)の培養実験を行っている最中に誕生しました。
偶然紛れ込んでしまったアオカビを発見し、このアオカビが病原菌を死滅させる成分をもっていることに気が付いたのが始まりと言われています。

1940年、科学者のフローリー氏が成分の取り出しに成功し、この成分はペニシリンと名付けました。
このペニシリンは微生物や細菌を跡形もなく死滅させてしまうのに対し、人間や動物にはほぼ影響を及ぼさないことから、世に出回った頃には「百発百中の万能薬」と呼ばれ、人類の平均寿命上昇への大きな役割を担ったと言われています。

ペニシリン系の抗生物質が誕生した後、マクロライド系、セフェム系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系と今では多くの種類が誕生しています。これらの抗生物質は細菌を死滅させる万能薬として活躍を続けています。現在ではペニシリン系の抗生物質を使う機会というのはないですが、ペニシリンがなければ現在の多くの抗生物質が存在していないと言っても過言ではないでしょう。

性病治療薬の通販