性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬

対策本部メニュー

性病対策本部 TOP > 抗生物質の種類と効果

抗生物質の種類とその効果について。

抗生物質とは

抗生物質

抗生物質とは微生物をもとに作られた化学物質で、感染症の原因となる微生物が増えるのを防いだり、動けないように作用し微生物を殺菌、死滅させる効果があります。

1928年、イギリスの細菌学者であるフレミング氏がブドウ球菌(病原菌)の培養実験を行っている最中に誕生しました。

偶然紛れ込んでしまったアオカビが病原菌を死滅させる成分をもっていることに気が付いたのが始まりと言われています。

1940年に科学者のフローリー氏がその成分の取り出しに成功。その成分をペニシリンと名付けました。

ペニシリンは微生物や細菌を跡形もなく死滅させてしまうのに対し、人間や動物に対してはほとんど影響を及ぼさないことから、世に出回った頃には「百発百中の万能薬」と呼ばれ、人類の平均寿命上昇への大きな役割を担ったと言われています。

細菌による感染症の治療にこの抗生物質は効果があり今でも万能薬として活躍を続けています。

ペニシリン系の抗生物質が見つかったからこそ、今ではマクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系など多くの種類が誕生し、色々な感染症に対しての治療が出来るようになったというわけです。

抗生物質の種類

種類

クラミジアなど性病にかかってしまった時に処方される抗生物質にはたくさんの種類がありますが、特徴によって系統があり、○○系と総称されて呼ばれています。

例えばクラミジアには、マイクロライド系、ニューキノロン系。淋病や梅毒にはペニシリン系など種類とその特徴がわかっていると通販で薬を購入する時に選びやすくなるので覚えておきましょう。

ペニシリン系

世界で初めて誕生した抗生物質がこのペニシリン系の薬です。

このペニシリン系があるからこそ今では様々な種類の抗生物質が誕生していると言えます。副作用が少ないことで有名で安心して服用することができる薬となっています。

現在ではマクロライド系やニューキノロン系の薬が代表的となっているため、病院で処方される機会は少なくなりましたが、クラミジアや淋病、梅毒といった性病、性感染症などにしっかり効きます。

ペニシリン系が処方されなくなってしまった理由に1日に何回も飲まなければいけないというのがあります。

マクロライド系

マクロライド系の薬は抗生物質の効果としては抗菌力が強いことで有名で、クラミジアに最も効果のある薬と言われています。

クラミジアになって病院へ行くと、大抵はこのマクロライド系が処方されます。

マクロライド系の薬は抗生物質の中でも非常に副作用が少ない仕様となっており、小児から老人まで幅広い世代で使用することのできる薬となっています。

さらに胎児への影響が少ない事から妊娠中の女性にも処方される事があるくらいに安全な薬です。

ニューキノロン系

ニューキノロン系の薬はマクロライド系の薬よりも効果が強いのでマクロライド系で効果があまりみられなかった場合に使用される機会が多いです。

飲み薬で注射薬と同じくらいの効き目があると言われているほど効果が強い分、副作用が出る可能性も高くなってしまうので、15歳未満の小児や老人などの使用は許されておらず、妊娠中の女性も服用が不可能となっています。

テトラサイクリン系

テトラサイクリン系は多くの細菌をカバーする事ができる抗生物質です。

クラミジアや淋病、梅毒といった様々な性病をはじめ、それ以外の多くの感染症にも効果的な薬です。

幅広い感染症に対して効果的なテトラサイクリン系ですが、ほとんど処方される事はありません。理由としては、耐性を持たれやすいという特徴がある為です。

1つの細菌がこのテトラサイクリン系の薬に耐性を持つと、他の細菌に伝わり、全体で耐性を持ってしまい薬が効かなくなってしまう為、今ではあまり処方される事がなくなってしまったというわけです。

抗生物質の効果

抗生物質

抗生物質は細菌による感染症に対して最も効果のあるいわゆる抗菌薬です。

種類によって作用の仕方は少し違いますが、抗生物質が悪さをしている細菌を見つけて、その細胞の細胞壁を作る酵素と反応、その働きを止めます。

細胞壁の機能が止まってしまうと菌はたちまち死滅してしまうので感染症を治療する事が出来るというわけです。

そして人間や動物はこの細胞壁をもっていないので、抗生物質が人体に与える影響はほぼないという事になるので安心して飲む事が出来ます。

クラミジアなどの性病をはじめ、肺炎、百日咳、膀胱炎、副鼻腔炎、歯周病、マイコプラズマ、インフルエンザ、中耳炎など菌による感染症に対して効果があります。

不治の病といわれた結核による死亡率も抗生物質のおかげでほとんどなくなったとされています。

ただしひとつ注意しないといけない事は抗生物質は菌による感染症に対してはとても効果的ですが、ウイルスによる感染症に関してはまったく効果がないという事です。

性病以外にも効果あり!

細菌による感染症は性病以外にも色々あります。

クラミジアに効くニューキノロン系のクラビットは結膜炎やものもらいの点眼薬としても多く使用されていたり、マクロライド系のジスロマックは扁桃腺の炎症や上気道炎というノドからくる風邪にも使用されていたりします。

それ以外にもどんな病気に対して抗生物質が有効なのかを少しだけ紹介します。

百日咳

風邪

百日咳は激しい咳が、治療しないでいると最長で3ヵ月ほど続いてしまうのが特徴の百日咳菌が原因で起こる感染病です。

顔が真っ赤になるくらいの激しい咳がずっと続いて、夜、寝る前や何度も再感染を繰り返す可能性があるとても厄介な感染症のひとつです。最初の頃の症状は風邪と間違えやすい為、注意が必要です。

この百日咳は菌の感染によるものなのでマクロライド系の抗生物質を飲む事で治療する事が出来ます。予防薬としての使い方も可能です。

膀胱炎

膀胱炎はオシッコを我慢しすぎる事で本来、尿と一緒に出されるはずだった大腸菌が膀胱内で増殖、炎症を起こす事で発症します。

女性に多く、排尿痛や頻尿、残尿感、ひどい時には尿に血が混ざっている時もあるので注意が必要です。

膀胱炎にはニューキノロン系やペニシリン系の抗生物質が処方されます。慢性化してしまう可能性もあるので、少しでも疑わしいと思ったらすぐに治療を開始し、しっかりと完治させるようにしましょう。

中耳炎

中耳炎は風邪などがキッカケとなって増殖した菌が鼻から鼓膜の奥に入りこんでしまう事で起こります。

症状としては痛みや発熱、聞こえづらいといった事があります。この場合は痛み止めを飲むだけで治す事が出来ますが、腫れがひどいといった時にペニシリン系の抗生物質が処方されます。

中耳炎はゆっくりと回復して行く病気です。完全に治るまでに何か月もかかったり再発する事もあるので、いつでもすぐに治療出来るように抗生物質をひとつ常備しておき、気になる症状が出たらすぐに飲んで治せるようにしましょう。

インフルエンザ

インフルエンザにかかった時は基本的には抗インフルエンザ薬が処方されます。有名なものでいうとタミフル等がそういった薬にあてはまります。

この時に一緒に抗生物質も処方される事があります。

実はインフルエンザは細菌ではなくウイルスの感染によるものなので抗生物質は効きません。ではなぜ処方されるのかというと、インフルエンザによって体力や免疫力が落ちた時に他の細菌に感染しやすい状態になってしまうからです。

インフルエンザになって免疫が下がると同時に気管支炎や肺炎といったような病気に感染してしまうケースが多く、そのせいで死亡してしまうといったケースがある事から、このような合併症や重症化を防ぐ為にインフルエンザの時には抗生物質も同時に処方される機会が多いというわけなんです。

その場合、ジスロマックやフロモックスといった薬がよく処方されています。

抗生物質が効かない…?

抗生物質に種類があるように、細菌にも色々な種類がいる事から種類によってはその抗生物質が本当に有効的なのかどうかが違ってきます。

クラミジアにはこの薬、淋病にはこの薬、梅毒にはこの薬といったようにそれぞれの役割があります。

例えばAはマクロライド系、Bはニューキノロン系が効果があるとされているとします。

その時、Aにかかっているのにニューキノロン系の抗生物質を飲んでいたり、Bに感染してるのにペニシリン系の薬を飲んでる。となるといつまでたっても症状が良くならない。抗生物質が効いていないのでは?と勘違いしてしまうケースがあるかもしれません。

種類が多い事からこのような問題が起こるわけですが、感染症を治療するには正しい抗生物質を飲む必要があるという事を忘れないようにして下さい。

ネットなどで調べると大体わかる場合もありますが、心配な場合は病院に行ってきちんと診察を受け正しい薬を処方してもらうようにしましょう。

抗生物質を使用する上での注意点

下痢

抗生物質がいくら無害と言っても「細菌を死滅させる」効果があることを忘れてはいけません。
人の体には体の状態を保つために必要な菌も多数存在します。

勘違いをしてしまう人も多数いらっしゃいますが抗生物質は予防薬ではありません。

なので決められた回数、時間を守らずに過剰に服用をしていると体に必要な菌まで死滅してしまう可能性があります。必要な菌まで死滅してしまうと下痢やカンジダを引き起こしますので服用には注意が必要です。

抗生物質の効果を最大限に引き出すためにはまず用量用法はかならず守らなければなりません。それぞれの薬によって服用方法等は変わってきてしまいますが、自己流で服用してしまうと効果は出ないどころか副作用のみが出てきてしまう可能性があります。

また、治療期間を自分の判断で中断しないようにしましょう。中断してしまうと同じ抗生物質がもう効かなくなる可能性があります。耐性菌というものが出現して違う薬を使わなければならなくなってしまいます。

テトラサイクリン系とニューキノロン系の抗生物質のみですが、牛乳での服用は禁じられています。それは薬に含まれている成分がカルシウムと結合してしまい、効果が弱まってしまうためです。そのため、テトラサイクリン系とニューキノロン系の抗生物質を飲んだら牛乳を飲むのは服用後2時間以上は空けてからにした方がいいでしょう。

また、アルコールの摂取は絶対に禁止です。抗生物質の効果が効きすぎてしまい、大きな副作用を出現させてしまう危険性があります。

抗生物質をうまく利用する

抗生物質

抗生物質はとても強い薬です。効果を正しく理解して上手に付き合うようにしましょう。

身体に害を及ぼすものは菌だけとは限りません。自分の症状をしっかり見極め、抗生物質ではたして治療が可能かどうかきちんと見極める必要があります。

気軽に体調が悪いからと乱用したりする事のないようにしましょう。いざって時に効かなくなってしまってからでは大変です。

ただ、本当にいざって時にはとても心強い薬なのも事実です。そして性病に関してはほとんどが抗生物質で治療する事が出来ます。

抗生物質とうまく付き合い健康で元気に過ごせるようにしていきましょう。

性病治療薬の通販