性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬

梅毒は進行するにつれ症状が異なる感染症です。

梅毒とは

梅毒

梅毒は梅毒トレポネーマが病原体の感染症で、昔は治せる薬がなく、感染して10年経つと死んでしまう不治の病でした。

今は感染者の人数も減り、そしてペニシリンが発見されたおかげで完治する事が出来るようになりました。とはいえ、感染したままにしてしまうととても危険な感染症です。

クラミジアや淋病と同じく、初期症状のうちは自覚しにくいといった事から最近ではまた感染人数が増えて来ていると言われています。

コンドームを付けるなどきちんと予防、対策するようにしましょう。

梅毒の症状

初期症状は自覚しにくく、また症状が治まってしまうと、梅毒感染を発見する事は非常に難しくなります。

気付いたころには第2期に移行してしまい治療が大変になるケースも後を絶ちません。第1期の症状をしっかりと頭にいれておき、症状が出たらすぐに病院に行き検査を受けましょう。

男性も女性も症状は同じで、第1期~第4期まであります。

【第1期】(感染後3週間~3ヵ月)…

痛みのないしこりが感染部分や足の付け根部分に出来ます。中心部がただれている事もありますが基本的には痛くありません。リンパが腫れる場合もありますが、この場合も痛くありません。

放置しておくと2~3週間で消えてしまうのでこの段階で気付くのはなかなか難しいとされています。

【第2期】(感染後3か月~3年)…

リンパや血液でトレポネーマが全身に行き渡る事で発熱や倦怠感があらわれ皮膚にあらゆる赤色の発疹があらわれます。それ以外に脱毛症状がみられる事もありますが、これも数週間放置しておくと治ってしまいます。

ここから無症状の活動休養期間に入ります。

【第3期】(感染後3年~10年)…

しこりがゴムのように弾力のある大きめなものになって体中にあらわれます。ゴム腫と呼ばれるもので出来る場所によっては血管や脳、神経などに影響がある事もあり大変危険です。

【第4期】(感染後10年~)…

心臓や血管あるいは目や脳までが侵され、重い障害が出たり、歩けなくなったり、そのまま死に至る事もある大変怖い病気です。ある程度進行してしまってからだと完治させる事が難しくなってしまいます。

最近では第2期よりも手前の段階で発見、治療されているので第3期以降の症状が出るといった事はほとんどないそうですが、とにかく梅毒は初期段階での治療が重要です。

初期症状に注意するようにしましょう。

感染経路と潜伏期間

梅毒はセックスによる粘膜の接触の他にHIVと感染経路が同じで小さな傷から血液を介して感染してしまう事もあります。

ほとんどがセックスだと言われていますが、口の中にある小さな傷などからオーラルセックスでも感染する事のある非常に感染力の強い細菌です。

アナルセックスで感染するといったケースも非常に多く同性愛者に多い感染症とも言われています。

その他の感染経路として、梅毒に感染している事に気付いていない妊娠中のお母さんからお腹の中の赤ちゃんに感染してしまうといったパターンもあります。そういったケースの場合は「先天梅毒」と言います。

先天梅毒に感染してしまった場合、死産となってしまう確率は50%にもなってしまう恐ろしい病気です。

いまは妊婦検診があるのでこういった事はほとんどありませんが、なにかしらの影響が出てしまってからでは遅いです。

妊娠するその前にはしっかりと検査を受け、感染症がないか確認し、健康な状態で妊娠できるようにしましょう。

梅毒の潜伏期間は約3週間と非常に長いです。

放置の危険

梅毒は感染初期の段階ではなかなか気づきにくいものの、第2期にもなると症状が出るのでわかりやすくその時点で病院に行き治療してしまうといった事から放置してしまう事のない病気ではあります。

とはいえ、ツライ症状が出てるにもかかわらず時間がないから。と放置してしまう人もいるかもしれません。そういった人はかなり危険です。梅毒は死に至る事もある怖い感染症です。

その他にもHIVに感染しやすくなってしまう、完全に治るまでに時間がかかってしまう。何度も通院しなければいけない。などといった事がありますので、出来るだけ早めに検査を受け、治療していけるようにしましょう。

梅毒の検査方法

病原体がいそうな感染部位をメスなどで少し切り、出てくる血液を顕微鏡などで確認して検査、診断するといった方法が一般的です。

梅毒も自分で梅毒の検査キットを使って確認する事が出来ます。

治療が遅れれば遅れるほど治療も難しく、時間や費用もかかってしまうリスクのある梅毒、早ければ早いほどいいので、気になったらすぐに検査できるようにひとつ持っておくと安心です。

梅毒の治療方法

アモキシシリンなどペニシリン系の抗生物質を用いて治療します。

第1期の症状のうちであれば2~4週間ほどの服用で完治させられます。個人差もあります。しっかりと再検査し完治しているかどうか確認する事で再感染しないようにしましょう。

病院にすぐに行く事が出来ない人は進行してからでは遅い事もあるのであらかじめ購入しておくとすぐに気付けて安心です。

通販で買う場合は少し多めに買って常備しておくようにしましょう。

おすすめの薬

おすすめ

梅毒の治療薬としておすすめなのはなんといってもアモキシシリンです。最初に梅毒の治療薬として発見されたペニシリン系の抗生物質で病院でも最適な薬として処方されています。

形状もカプセルだけでなく錠剤や細錠、シロップなどがあるので大きい薬は飲むのが苦手という人でも気軽に飲む事が出来ます。

次におすすめなのがミノマイシンです。こちらはペニシリン系ではなくテトラサイクリン系といった系統の薬になりますが、長い歴史があり梅毒の治療にもしっかりと効果を発揮します。

梅毒の予防方法

梅毒の感染を予防するにはコンドームの使用が有効です。厚生労働省においても梅毒の予防にコンドームの使用を推奨しているほど有効です。

その際、粘膜が直接触れ合ってしまわないように最初から最後までしっかりと使用するようにしましょう。とはいえ、コンドームだけでは100%予防する事は不可能です。

オーラルセックスでのどから、アナルセックスによって直腸に感染してしまうケースがあるからです。その場合はコンドームでは予防する事は出来ません。

確実なのは感染しているかわからない人とのセックスを避ける事です。不特定多数とのセックスを避ける事で梅毒だけでなく性病の感染リスクはぐーんと下げることが可能です。

感染初期は症状がなく気付かない事がほとんどなうえ、第1期、第2期に入った梅毒は感染力がとても高くなってしまうので感染のリスクは相当高くなってしまうといえます。

妊婦さんが梅毒に感染してしまった場合のおよそ半分が死産の恐れがあるほど危険で怖い病気です。自分の意思でしっかりと予防していく事が大切です。

【まとめ】梅毒をよく知る事が大切です。

よく知る

最近は梅毒の感染者数が増加傾向にあり、厚生労働省が注意喚起を行ったり、ニュースになってしまうほど急激に増えてしまっています。

特に女性の感染者数増加が目立っていて、自覚症状がわかりにくいといった事も理由のひとつといわれています。

その他の増加傾向にある理由としては、梅毒の認知の少なさにあるとされています。

梅毒は昔の病気という意識や、クラミジア淋病に比べると耳にしたことがないといった人も多く、梅毒と気付かない人がたくさんいる事も理由のひとつといわれています。

感染拡大を防ぐためにも梅毒の症状がでたらすぐに病院に行き、検査を受けること。さらにパートナーと一緒に治療するというのがなにより重要です。

梅毒は1度感染し、治療したとしても免疫ができるといったことはなく、何度でも再発、感染する病気です。パートナーが感染したままでは、治したとしてもまた感染するといった事の繰り返しになってしまいます。

そのうち菌の方に耐性が出来てしまい治せなくなってしまうという事にもなってしまうので、感染に気付いた時には自分とパートナー、2人で一緒に治療する。という事が大切です。

当サイトにおいてご紹介している医薬品は日本国内では医師の処方が必要となります。
用法用量などの指示が医師、薬剤師によっては異なることがあります。適切な診断、治療が必要な方は医療機関などで受診される事をおすすめ致します。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、一切の責任を負いかねます。
また、リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合の移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いかねますことをご了承下さい。