性病対策本部│性病の二大勢力と2つの抗菌薬
性病対策本部 TOP > 淋病に効く薬

淋病に効く薬は予防薬にもなります。

淋病に効く薬

効く薬

淋病に効く薬もクラミジアに効く薬と同じ抗生物質です。ですが、薬の成分や配合によってクラミジアに効果的なものだったり淋病に効果的なものだったりがあるので抗生物質ならどれでも同じと思うのは大きな間違いです。

淋病にもっとも効果的な薬でしっかりと完治出来るようにしましょう。

ジスロマック

ジスロマック

淋病を治療するとなった場合、このジスロマックで治療をするという人が多いと思います。というのも淋病に感染し病院に行くと処方される薬だからです。

病状によっては注射を打たれるといった事もあります。

マクロライド系のジスロマックが淋菌の合成を阻害し、増殖を抑える事で細菌を死滅させ、治療するといった効果になります。

淋病と診断された場合、クラミジアも同時に発症しているケースも多いので両方に効果のある薬が選択されるのもジスロマックがよく処方される大きな理由のひとつとなっています。

ですが、最近では耐性菌が増えて来てしまっていて、抗生物質が効きにくいといった人も増えています。

もしも淋病に感染し、治療が必要となった場合は飲み忘れる事のないように薬を飲み切る事。そして完治したかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

淋病になり、通販で治療薬を購入するといった人にはジスロマックのジェネリックであるアジーが人気です。

ジスロマックの通販はコチラ

クラビット

クラビット

淋病治療にクラビットをおすすめする理由は即効性があることです。淋病になると女性はあまり気付きにくいですが、男性の場合、痛みだけでなく膿が出て来てしまうといった不快な症状があるため少しでも早く症状がおさまるに越した事はありません。

そんな時、即効性のあるクラビットが活躍してくれます。ジスロマックよりも早く効くので症状を幾分か早く抑える事ができます。

淋菌のDNA合成を阻害し、破壊する事で増殖を防ぎ、殺菌する事で治療していくという効果があります。

大体1~2週間程度の服用が必要なので、薬の飲み忘れが気になる人はジスロマックが合っているかもしれません。

通販で購入するといった場合はクラビットのジェネリックである、エルクインレボクインが人気です。

クラビットのジェネリックの通販はコチラ

シプロキサン・ジェネリック

シプロキサン

【一般名】シプロフロキサシン
【系統】ニューキノロン系
【用量】250mgと500mg
【価格】30錠単位で2700円程度~

シプロキサン・ジェネリックは細菌や真菌による感染症の治療に使われるニューキノロン系の抗生物質のジェネリック医薬品です。

有効成分のシプロフロキサシン塩酸塩水和物が病原体のDNA合成を阻害する事で死滅させ治療していきます。

吸収率が高く、薬の浸透もよく全身にはやく効いてくれる事でたくさんの感染症に効果があるうえに、色々な場所における感染症にたいしても治療する事ができるとても便利で優秀な薬となります。

淋病の病原体である淋菌のほかに、炭疽、赤痢菌、大腸菌などにも効果があります。

性病など性器への感染だけでなく咽頭炎、膀胱炎、中耳炎や副鼻腔炎などたくさんの感染症を治療する事ができます。

シプロキサン・ジェネリックの通販はコチラ

【飲み方】

一般的な感染症の場合、1日100~200mgを2~3回、水またはぬるま湯で服用します。

炭疽の場合、1回400mgを2回、水またはぬるま湯で服用します。

症状や年齢によって薬の量は増減される事があります。

【副作用】

副作用の報告はほとんどありませんが、まったくないというわけではなく、主な副作用に抗生物質従来の副作用として下痢や嘔吐、胃の不快感、食欲不振などの胃腸症状、発疹などがあります。

いずれも軽度の場合は数日で回復します。

重度の場合、上記以の症状が出た場合はすぐに病院に行きましょう。

【服用時の注意点】

・基本的には子供の服用は禁止です。医師による使用が認められた特別な場合のみ処方される形になりますので絶対に勝手な判断で飲ませる事のないようにしましょう。

・妊婦また、妊娠の可能性がある人の服用は禁止です。

胃腸薬を併用する場合はシプロキサン・ジェネリック服用後、2時間程度あけてから服用するようにしましょう。

・不整脈、筋無力症の人は症状が悪化してしまう可能性があるので服用の際は医師に相談するようにしましょう。

・高齢者、腎臓に疾患がある人は副作用が強く出てしまう事があるので服用には注意が必要です。

【併用禁忌薬】

ワルファリン…ワルファリンの効果を高めてしまう事で出血しやすくなってしまいます。

チザニジン…チザニジンの効果を高めてしまう事で低血糖を引き起こしてしまう事があります。

ケトプロフェンなど一部の鎮痛薬…けいれんを発症してしまう事があります。

また牛乳などと一緒に飲まないようにしましょう。一緒に飲む事で吸収を阻害してしまう事があります。カフェインやお酒なども効果を高め副作用が強くでてしまう事があるので一緒に飲むのは控えましょう。

必ず水またはぬるま湯で服用するようにしましょう。

ケフレックス・ジェネリック

ケフレックス

【一般名】セファレキシン
【系統】セフェム系
【用量】250mg
【価格】28錠単位で2700円程度~

ケフレックス・ジェネリックはセフェム系の抗生物質に分類されます。

有効成分のセファレキシンが、細菌の細胞壁の合成を阻止、破壊する事で、増殖を防ぎ殺菌する事で死滅させあらゆる感染症を治療します。

淋病、大腸菌をはじめたくさんの病原菌に効果を発揮するため、皮膚科や眼科、歯科、耳鼻科、外科、皮膚科などあらゆる病院での治療に処方されています。

細菌の感染による炎症、腫れ、赤みや痛みを抑えてくれるほかに、発熱している場合には解熱の作用もあります。

副作用がでることはまれで妊娠初期に多い妊婦さんの膀胱炎の治療や、犬、猫のバクテリア治療にも使われるほど安全性の高い抗生物質です。

ケフレックス・ジェネリックの通販はコチラ

【飲み方】

一般的な感染症の場合、1日500mgを1回、水またはぬるま湯で服用します。

症状や年齢によって薬の量は増減される事があります。

【副作用】

下痢や腹痛、胃もたれといった比較的軽い胃腸障害などの副作用が出る場合があります。

1日、2日で改善するものがほとんどですが、万が一症状が続くといった場合は医師に相談するようにしましょう。

【服用時の注意点】

・セフェム系の抗生物質でアレルギーを起こした事があるという人は服用しないようにしましょう。

・ぜん息やじんましんがある人の服用には注意が必要です。飲んでいる薬などがある場合は併用可能かどうかしっかりと確認するようにしましょう。

・胃腸薬を併用する場合はケフレックス・ジェネリック服用後、2時間程度あけてから服用するようにしましょう。

・高齢者、腎臓に疾患がある人は副作用が強く出てしまう事があるので服用には注意が必要です。

【併用禁忌薬】

鉄剤…ケフレックス・ジェネリックの効果を弱めます。どうしても両方飲む際は3時間ほど間隔をあけて併用するようにしましょう。

制酸剤…ケフレックス・ジェネリックの効果を弱めます。どうしても両方飲む際は2時間ほど間隔をあけて併用するようにしましょう。

ピボキシル基を有する抗生物質…低血糖になる可能性があります。

淋病治療薬は通販で

通販

淋病になってしまったけど、仕事が忙しくて病院に行く時間がない。病院が遠くてなかなか行く機会がない。治したいけど病院に行って見せるのが恥ずかしい。そういった人には通販サイトでの購入がおすすめです。

淋病をはじめとした性病は放置してしまうと、二次感染を招いてしまったり悪化してしまい他のもっと大きな病気に進展してしまう、症状が深刻化してしまうといった事があります。

少しでも早く治すには自分で治療薬を購入し、自宅で治してしまうという方法を選択するのもひとつの手です。

専門の通販サイトで薬を選択し、購入すると自宅、もしくは郵便局に薬が届けられるという仕組みになっています。

普通のネットショッピングと同じ要領で薬を買う事が出来るので便利ではありますが、その分、薬の使用は自己責任という事になりますので少しだけ注意が必要です。

今は自分の症状がしっかりとわかっていればネットで検索するだけで病気がわかり、治療方法や飲み方がわかるのでかなりの確率で自分で治してしまうといった事が可能です。とはいえどうしても不安な場合は、中途半端な服用は行わず必ず病院で診てもらうようにしましょう。

淋病に効く薬の通販はコチラ

*リンク先にはジェネリック医薬品も含まれています。

【まとめ】強い感染力をもつ淋菌

強い

淋病はクラミジアの次に多いといわれているほど感染する確率の高い性病です。

男性の場合は症状が出るのでわかりやすいですが、女性の場合はなかなかわかりにくいので感染源になりやすいといわれています。

感染源となってしまった場合、パートナーにツライ思いをさせるだけでなく関係がこわれてしまうといった事態にもなりかねません。

できればセックスの経験があり、少しでも気になるといった症状がある場合には早めに検査を受けるようにしましょう。そうする事で早期に発見する事ができ、感染源になる事を防げるほかにも放置した事による二次感染や、不妊症などを防ぐ事も出来ます。

淋菌が血液に入ってしまうと最悪の場合死んでしまうといった事もある強い細菌です。

1分1秒でも早く治療するようにしましょう。

当サイトにおいてご紹介している医薬品は日本国内では医師の処方が必要となります。
用法用量などの指示が医師、薬剤師によっては異なることがあります。適切な診断、治療が必要な方は医療機関などで受診される事をおすすめ致します。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、一切の責任を負いかねます。
また、リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合の移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いかねますことをご了承下さい。